トランプ陣営の資金、民主・共和両党の全国委員会を超える

(2022年2月6日)

2022年1月29日(土)、テキサス州コンローで行われた集会で演説するドナルド・トランプ前大統領。(Jason Fochtman/Houston Chronicle via AP)


 ドナルド・トランプ前大統領は、民主党全国委員会(DNC)と共和党全国委員会(RNC)を合わせたよりも多い、途方もない額の選挙資金を手にしている。

 彼の政治活動委員会は2021年の最後の6カ月間で5100万ドルを集め、年末の銀行の残高は1億2200万ドルに達したが、そのほとんどは彼の「セーブ・アメリカ政治行動委員会」のものだった。

 トランプ陣営によると、資金は160万件以上の寄付からで、その98%以上は200ドル以下の「小額」寄付とされ、政治活動家らは、現職でない政治家への寄付の額としては異例と指摘している。

 フロリダ在住の戦略家で、トランプ陣営と強いつながりを持つフォード・オコネル氏は、国内最大のハイテクメディア企業がトランプ氏をSNSから追い出し、有権者とのパイプを絶たれた後も、このような状況が続いていると指摘する。

 オコネル氏は、「彼の力は米国政治で最も強力だ。人々はこの男を葬り去ろうとしたが、相変わらず存在感を示している」と言う。

 トランプ氏は今、公務から離れており、この資金を生かして新たな道を切り開くことになる。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース