ナンシー・ペロシ氏息子に詐欺・贈収賄への関与疑惑

(2022年2月8日)

2022年1月20日(木)、ワシントンの国会議事堂で行われた週間記者会見で話すカリフォルニア州のナンシー・ペロシ下院議長。(Rod Lamkey/Pool via AP)

By Mica Soellner – The Washington Times – Tuesday, February 1, 2022

 ナンシー・ペロシ下院議長の息子が、連邦捜査局(FBI)が捜査していた詐欺・贈収賄事件に関係した疑惑が持ち上がっている。事件の捜査の中心となった施設の所有者であったことが文書で明らかになった。

 デイリー・メール紙によると、ポール・ペロシ・ジュニア氏(53)は、「ザ・ピット」として知られる簡易宿泊所の所有者であり、ここで行われている活動に対して「法的および金銭的な責任」を負っていたことを示す書類に署名していた。

 ペロシ議長の事務所からはコメントを得られなかった。ペロシ氏の事務所も、この件に関するコメントには応じていない。

 これに先立ち、不動産計画について口止め料を受け取ったとされるサンフランシスコ市職員が詐欺罪で起訴されたと報道されていた。

 サンフランシスコの(建築許可申請を代行する)パーミットエキスペダイター、ロドリゴ・サントス氏は、市の許可証と引き換えに顧客が地元のラグビークラブに数千ドルを寄付するよう手配したと検察当局が主張し、昨年11月に起訴された。

 このラグビークラブは、同じく詐欺罪で起訴された建築検査官バーニー・カラン氏のお気に入りの非営利団体で、サントス氏は以前、サンフランシスコ建築物検査委員会の会長も務めていた。

 カラン氏もサントス氏も不正行為を否定しており、4日に出廷する予定。

 報道によると、ペロシ氏と少なくとも3人の共犯者は、起訴に至った5年間の捜査の中でFBIの事情聴取を受けたという。

 この計画の一部には、ペロシ氏が所有する簡易宿泊所の建築許可違反をもみ消す計画が含まれていたとされている。

 ペロシ氏が関与し、FBIが捜査した事件は、この詐欺事件で6件目であることが今月に入ってからの報道で明らかになっている。

バイデン氏の機密文書の不始末

(2023年02月01日)

バイデン氏、クレイン首席補佐官の後任にザイエンツ氏

(2023年01月30日)

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)
→その他のニュース