ロシアの隣国への戦争はジョージアで始まった

(2022年2月19日)

2022年2月16日(水)、ワシントンの国務省で行われたアントニー・ブリンケン国務長官との会談で話すエストニアのエバ-マリア・リイメッツ外務大臣。(Saul Loeb/Pool via AP)


 ロシアの隣国への宣戦布告のない戦争は、昨年からのウクライナ国境への大規模な部隊の配備で始まったわけではない。2008年のジョージアへの軍事介入に始まり、2014年にはクリミアを併合した。エストニアの外交トップが16日、こう語った。

 エバマリア・リーメッツ外相は、ロシアによるウクライナへの軍事的威嚇を知っても、特には驚かなかったと述べた。

 ワシントンのシンクタンク「ニュー・アメリカン・セキュリティー・センター」で、「ロシアは民主的で、繁栄した国と国境を接することを望んでいない。周辺に緩衝地帯を再構築しようとしている」と主張した。

 ウクライナと違いエストニアは、北大西洋条約機構(NATO)加盟国であり、同盟からの保護を受けられる。

 「しかし、エストニアにはウクライナからの移民労働者が数多くいる。誰もがこの問題を気に掛けている。私たちは、経済的に支援し、軍事的、政治的にも支援している」

 リーメッツ氏は、ウクライナ問題をめぐるNATO加盟国間と、欧州連合(EU)内の連帯に感銘を受けているという。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)

ロシアはウクライナ西部、キーウに攻撃再開

(2022年04月18日)
→その他のニュース