カナダ首相の緊急事態は必要か

(2022年2月23日)

緊急事態法の施行について話すジャスティン・トルドー首相(2022年2月17日、木曜日、オタワ)。(Adrian Wyld/The Canadian Press via AP)


 カナダのトルドー首相は、トラック運転手らの合法的かつ平和的な抗議デモ「フリーダムコンボイ」を攻撃しているが、そのやり方は的外れの度を増しており、ネットでは、トルドー氏は、キューバの独裁者だった故フィデル・カストロの隠し子ではないかといううわさが拡散している。

 ネットで見たものすべてが信じられるわけではないが、2人を比較するために並べた顔写真は著しく似ており、親子という言い分も納得できる。1971年の初頭、彼の母親、カナダのファーストレディー(当時)、マーガレット・トルドーさんと、夫のピエール・エリオット・トルドー首相(当時)が行ったカリブ海の島国キューバへの「2回目のハネムーン」中の不倫の産物だと言われている。

 トラック運転手らへの誹謗(ひぼう)中傷がエスカレートし、非暴力的な抗議デモを鎮圧するために、1988年以来使われたことのない鉄拳ともいうべき緊急事態法が14日に発動された。これは、恥ずべきことであり、カリブ海に浮かぶカストロの刑務所国家での、ありとあらゆる反対運動を冷酷に壊滅させたやり方によく似ている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)
→その他のニュース