学校での「LGBT教育」禁止法案めぐりフロリダ州で激論

(2022年2月27日)

青空をバックに揺れるトランスジェンダーの旗。Photo credit: Savvapanf Photo via Shutterstock.


 米フロリダ州議会は22日、学校が幼い生徒たちに性的指向や性自認について教えることを禁止する法案をめぐり、感情的な議論を繰り広げた。

 反対派はこの法案を「ゲイと言うな」法案と呼び、LGBTの生徒にとって有益なジェンダーや性的アイデンティティーに関する議論を教室で行うのを抑え込むものだと主張している。

 この法案は、幼稚園から小学3年生まで、あるいはその他の学年において、学校が性的指向や性自認について、「州の基準に照らして年齢にそぐわない、または発達上適切でない方法」で教えることを禁止するものだ。

 賛成派によると、この法案は子供の福祉や教育方法に関し、親の権利を強化し、年齢に適した内容のみが教えられることを保証するものだという。

 法案の提出者の一人である共和党のジョー・ハーディング州下院議員は、下院での討論で、「この法案が特に取り上げている問題は、幼稚園から小学3年生、5歳から9歳までの子供たちにとって、教室での指導の一部ではなく、家庭で行った方が良い議論があるということだ」と述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)
→その他のニュース