トランプ支持層、極左候補、新たな投票法規 問われるテキサス州の予備選挙

(2022年3月4日)

2021年12月3日(金)、テキサス州フォートワースでの選挙イベントで演説するテキサス民主党の州知事候補ベト・オルーク。オルーク氏は、2022年1月18日(火)、テキサス州知事選の選挙キャンペーンで、2022年に全米で最も高額なレースの1つとなる可能性がある最初の6週間で720万ドルを調達したと発表した。(AP写真/LM Otero、ファイル)


 2022年の予備選シーズンが火曜日、まずテキサス州で始まる。同州の有権者は新しい投票法の具合を体験しながら、各政党に最新のシグナルを送ることになる。

 それらの結果は秋の総選挙のテキサス州知事選で、共和党のグレッグ・アボット知事と民主党のベト・オルーク氏が闘う舞台を設定する。さらに同州に新たに引かれた38選挙区での行方を左右し、下院の中間選挙を8か月後に控えた政治情勢を占うものになるだろう。

 ケン・パクストン司法長官は、自らの法廷闘争と私生活上のスキャンダルよりも、有権者にとって右派の堅固な政策追求と、ドナルド・トランプ前大統領を断固擁護していくことの方が大事だと示す機会になるかもしれない。

 一番注目されている議会選挙の一つは、下院民主党の保守筆頭ヘンリー・クエラー議員と、テキサス州南西部の極左候補ジェシカ・シスネロス女史との間で展開されている。火曜日の投票でどちらも過半数に達しなければ、決選投票が5月24日に実施される。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース