ウクライナ侵攻、ロシア軍戦車が苦戦

(2022年3月19日)

2022年2月16日(水)、ロシア国防省報道部が提供した映像から撮影した写真で、ロシアでの訓練の後、恒久拠点に戻るために鉄道プラットフォームに積み込まれるロシア軍戦車。(AP通信によるロシア国防省報道部)


 過去1世紀の間、力強い戦車が戦場で決定的な役割を果たしてきた。

 しかし、ロシアがウクライナに侵攻してから3週間、その働きは芳しくなく、戦場での効果的な兵器としての戦車の未来が疑問視される事態となっている。地上戦を象徴する戦車は、対戦車砲、無人機などによる攻撃を受けてがれきと化している。ソーシャルメディアでは、ウクライナの農民が放棄されたロシアの戦車をトラクターで牽引(けんいん)する動画が拡散され、ロシアの切り札の一つとみられていた戦車への評価が損なわれている。

 数をはっきりさせることは難しいが、ウクライナ軍は、戦闘の初期段階で数百両の戦車を破壊したと主張している。各国の軍事力の情報サイト、グローバルファイアパワーによると、ロシアは開戦前、1万2000両以上の戦車を保有していた。

 その数は減少している。ツイッターとフェイスブックには、破壊したロシアの車両の横でポーズをとるウクライナ兵の画像が数多く投稿されている。英軍から供与されたという対戦車砲を手にしたウクライナ兵の動画も見られる。

 この兵士は破壊されたロシアの戦車を背景に、「このすごいやつで撃った」と言っている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)

ロシアはウクライナ西部、キーウに攻撃再開

(2022年04月18日)
→その他のニュース