マコネル氏、バイデン氏にウクライナ支援強化を要求

(2022年3月19日)

2022年3月16日、ウクライナのハリコフで、女性が道路を渡るのを手伝うウクライナ領土防衛軍のボランティア。ロシアとウクライナは、モスクワ軍がキエフやその他の主要都市に砲撃を加え、クレムリンの勝利への期待を挫く抵抗勢力を粉砕しようとする中でも、水曜日に予定されている再協議を前に楽観的な見通しを示した。(AP写真/Andrew Marienko)


 上院少数党の共和党院内総務、ミッチ・マコネル氏(ケンタッキー州)は、ウクライナのゼレンスキー大統領と比較すると、バイデン大統領は弱々しく見えると述べた。

 マコネル氏は記者団に対し、「バイデン大統領は手遅れになる前に、今すぐ取り組みを開始する必要がある。ゼレンスキー氏とバイデン氏を比較すると憂鬱になる。ウクライナ人を助けるために、もっと迅速に行動すべきだ」と述べた。

 マコネル氏はまた、ウクライナとの国境に近い北大西洋条約機構(NATO)諸国がより積極的な行動を取るのを思いとどまらせているとして、政権を非難した。

 「NATOの東欧諸国は、政権によって、できる限りのことをするのを阻まれているような印象を受ける」

 マコネル氏は、ゼレンスキー氏が米国に求めたように、米国がウクライナ領空を飛行禁止区域にすることには反対だと述べた。一方で「その他のあらゆる兵器を使って、空をロシアにとって危険な場所にする方法」はあると訴えた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)
→その他のニュース