バイデン氏は若者の支持喪失 民主党議員が警告

(2022年3月31日)

2021年12月7日火曜日、ワシントンのキャピトル・ヒルで、ジョー・バイデン大統領の立法課題に市民権取得への道を確保するよう上院に求める記者会見で話すアレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員(民主党)。(AP写真/Jacquelyn Martin)

By Mica Soellner – The Washington Times – Friday, March 25, 2022

 アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員によると、若い有権者はバイデン大統領の2020年の大統領選勝利に尽力したにもかかわらず、過小評価されていると感じているという。

 ニューヨーク州選出の民主党議員、オカシオコルテス氏は、民主党は無党派層以外の人々への働きかけを重視し、民主党への支持が強い若者に焦点を当てなければならないと述べた。

 オカシオコルテス氏はNY1で、「私たちは、これが中道、ますます範囲が狭まる無党派層だけの問題ではないことを認める必要がある。確かに、若者の支持が減り、民主党支持基盤が失われている。若者らは、この大統領を当選させるために尽力したのに、それが必ずしも認められていないと感じている」と述べた。

 リベラル派の火付け役であるオカシオコルテス女史は、バイデン政権が社会問題に十分踏み込んでいないとして批判してきた。

 同議員は、バイデン氏は先月の一般教書演説で、移民制度改革と学生ローン債務の帳消しにもっと力を入れるべきだったと述べた。

 オカシオコルテス氏の今回の発言は、下院民主党が厳しい中間選挙に突入したことを受けたものだ。

 下院共和党はわずか5議席を取り戻せば、過半数を奪還できる。

 さらに、数十人の下院民主党議員が今年引退する計画を発表している。

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)

出版各社、反トランプの1月6日調査結果の焼き直しに余念なし

(2022年12月27日)

マコーネル議員:トランプが共和党のイメージと支持を下げた

(2022年12月26日)
→その他のニュース