「正当な勝者」は女子選手、共和党議員らが決議案

(2022年4月3日)

2020東京オリンピック女子400メートル個人メドレーの表彰台で銀メダルを手にポーズをとるエマ・ウェイアント選手(米国)=2021年7月25日(日)、東京都千代田区。(AP Photo/Matthias Schrader)


 共和党の下院議員らが先月30日、五輪銀メダリストのエマ・ウェイアントさんを、3月に行われた全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1の全米選手権でリア・トマスさんが勝利した競技の「正当な勝者」と認める決議案を提出した。

 バージニア大学の1年生で20歳のウェイアントさんは、500ヤード自由形でトマスさんに次ぐ2位だった。トマスさんはペンシルベニア大学5年目の4年生で、男性として生まれ、3年間、男子チームに所属していたが、女子チームに移行した。

 決議案を提出したボーベルト下院議員(共和、コロラド州)は、「エマ・ウェイアントさんは、NCAAディビジョン1全米選手権500ヤード女子自由形で最も早い女子選手だったが、1位の地位は、男子競泳で成績を残せなかった二流男子選手に盗まれた」と述べた。

 決議案は、21人の共和党議員らが共同で提出したもので、2021年東京五輪の400メートル個人メドレーで銀メダルを獲得したウェイアントさんをたたえ、男性として生まれた選手が女子選手と競うことをルールとして認めているNCAAを批判した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)
→その他のニュース