「正当な勝者」は女子選手、共和党議員らが決議案

(2022年4月3日)

2020東京オリンピック女子400メートル個人メドレーの表彰台で銀メダルを手にポーズをとるエマ・ウェイアント選手(米国)=2021年7月25日(日)、東京都千代田区。(AP Photo/Matthias Schrader)

By Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, March 30, 2022

 共和党の下院議員らが先月30日、五輪銀メダリストのエマ・ウェイアントさんを、3月に行われた全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1の全米選手権でリア・トマスさんが勝利した競技の「正当な勝者」と認める決議案を提出した。

 バージニア大学の1年生で20歳のウェイアントさんは、500ヤード自由形でトマスさんに次ぐ2位だった。トマスさんはペンシルベニア大学5年目の4年生で、男性として生まれ、3年間、男子チームに所属していたが、女子チームに移行した。

 決議案を提出したボーベルト下院議員(共和、コロラド州)は、「エマ・ウェイアントさんは、NCAAディビジョン1全米選手権500ヤード女子自由形で最も早い女子選手だったが、1位の地位は、男子競泳で成績を残せなかった二流男子選手に盗まれた」と述べた。

 決議案は、21人の共和党議員らが共同で提出したもので、2021年東京五輪の400メートル個人メドレーで銀メダルを獲得したウェイアントさんをたたえ、男性として生まれた選手が女子選手と競うことをルールとして認めているNCAAを批判した。

 ハーツラー下院議員(共和、ミズーリ州)は、「エマ・ウェイアントさんは、人生のすべてをNCAAの競泳女子選手権に投入してきたが、生物学的男性に負けた。これは、女子スポーツにとって茶番であり、未来の女子選手にとってぞっとするような前例となる」と述べた。

 ロイ下院議員(共和、テキサス州)は、「勝ったのはエマ。皆知っている。だから、議会もそう言うべきだ」と述べた。

 トマスさんは、女子チームに出場した最初のシーズンで、数々のプール記録、大会記録、競技会記録を残した。3月17日の勝利でその頂点を極め、NCAAディビジョン1女子で、男性として生まれた選手として勝利した初の選手となった。

 ハーシュバーガー下院議員(共和、テネシー州)は、「極左思想がここまで浸透し、女性が得るべき勝利を男性が奪うことを後押ししていることに深く失望した」と述べた。

 「NCAAディビジョン1の500ヤード女子自由形の勝者は、最初にゴールした女性だけだ。同僚議員らと共に、女性のかがみともいうべきウェイアントさんに心からの祝福を送ることができることを誇りに思う」

 共和党が強い14州が、男性として生まれた選手が女子スポーツに出場することを禁止する法律を成立させ、民主党は性的指向、性自認に基づく差別を禁止する平等法を支持している。

 ダンカン下院議員(共和、カリフォルニア州)は、「エマの勝利は残念なことに、過激な左翼が推進する恣意(しい)的で、非科学的な性の定義によって1位となった生物学的男性のせいでかすんでしまった。エマの勝利を否定することは、女性が2本のX染色体を持つという事実を否定することであり、リア・トマスさんのような生物学的男性を女子競泳から排除する生物学的区別を否定することだ」と述べた。

AIに意図的に人間を欺く能力―研究

(2024年06月14日)

FBI専門家、AI悪用で捜査難しく 誰もが標的になりうる

(2024年06月08日)

ハーバード大、雇用時の「多様性宣言」を廃止

(2024年06月04日)

全米で先住民のチーム名・ロゴ復活の動き

(2024年05月29日)

戦没者墓石に国旗 アーリントン墓地で伝統の「フラッグイン」

(2024年05月28日)

性転換を親に隠す指針に反対 最高裁が訴え棄却

(2024年05月25日)

「多様・平等・包摂」へ反発強まる 「有害な思想」と大学で排除の動き

(2024年05月23日)

トランス選手が女子陸上で優勝 観客からブーイングも-オレゴン州

(2024年05月22日)

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)
→その他のニュース