ウクライナ軍がキーウ奪還-ウクライナ国防省高官

(2022年4月6日)

2022年4月2日土曜日、ウクライナのキエフ郊外で、ウクライナ軍とロシア軍の戦闘で破壊された民間車両の横に立つ男性。戦車車両に乗るウクライナ軍人と運転手の死体がまだ残っている。ロシア軍がウクライナの首都圏から撤退する中、撤退する部隊は、家の周りに地雷を残し、放棄された設備や「殺された人の遺体さえも」残し、市民にとって「破滅的」な状況を生み出していると、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は土曜日に警告した(AP Photo/Vadim Ghirda)。


 ウクライナ国防省高官によると、ロシア軍が首都キーウ(キエフ)から撤退し、ウクライナ軍は2日、キーウとその周辺地域を奪還した。

 ウクライナのゼレンスキー大統領が同国の北部地域でのロシア軍の「遅いながらも顕著な」撤退に言及、その後、ウクライナのアンナ・マルヤル国防副大臣は、ウクライナ軍が「侵略者」からキーウを「解放した」と述べた。

 しかし、ゼレンスキー氏は、この地域が正常に戻るまでには長い道のりが待っており、この地域でのロシアのロケット攻撃は依然として懸念材料だと警告した。

 ゼレンスキー氏は1日夜の演説で「われわれは前進している。注意深く前進している。そして、この地域に戻ってくる人たちもまた、十分に注意しなければならない。元のような普通の生活に戻ることはまだできない」と述べた。

 「戦闘後に奪還した地域でも、待つ必要がある。安全が確認されるのを待たなければならない。新たな砲撃がないと確信できるまで待つ」

 この地域では依然、戦争の犠牲者が見つかっている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)
→その他のニュース