ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年4月11日)

2022年4月1日(金)、ミズーリ州グリーンビルのE・E・バス文化芸術センターで、中小企業や小規模コミュニティへの投資の重要性について講演するカマラ・ハリス副大統領。(Barbara Gauntt/The Clarion-Ledger via AP)

By Seth McLaughlin – The Washington Times – Monday, April 4, 2022

 ラスムセン・リポートが4日に発表した世論調査で、有権者の40%がハリス副大統領に好意的な印象を持っているのに対し、56%がハリス氏を好ましくないと見ており、そのうちの47%が「非常に好ましくない」と見ていると答えた。

 初の女性副大統領であるハリス氏は多くの世論調査で、有権者の支持を得るのに苦労していることを示す結果が出ており、この調査でも同様の結果となった。

 しかし、ハリス氏は、大統領の座まであと一歩のところにおり、バイデン大統領が2期目を目指さないことを選択した場合には、民主党の大統領候補の最有力候補に浮上する可能性がある。

 この支持率の低迷は、ハリス氏と就任後の業績に対して疑念が付きまとっていることを浮き彫りにしている。

 ニューハンプシャー政治研究所が先週発表した調査によると、同州の登録有権者の42%が、バイデン氏が出馬しない場合はハリス氏を支持し、36%が「新しい候補者」を支持すると回答している。

 調査は、有権者1000人を対象とした。3月27日から3月28日にかけて実施され、誤差はプラスマイナス3%となっている。

バイデン氏の機密文書の不始末

(2023年02月01日)

バイデン氏、クレイン首席補佐官の後任にザイエンツ氏

(2023年01月30日)

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)
→その他のニュース