議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年4月16日)

2022年3月29日(火)、ワシントンの国会議事堂で、ジョー・バイデン大統領の5兆8000億ドルの予算案について記者団と話し終えた上院少数党首のミッチ・マコネル(共和)。(AP写真/J. Scott Applewhite)

By Haris Alic – The Washington Times – Sunday, April 10, 2022

 共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は10日、共和党が11月に議会の多数派を取り戻したら、バイデン大統領に穏健で中道の政治を行わせると約束した。

 ケンタッキー州選出のマコネル氏は「FOXニュース・サンデー」で、民主党が2024年末までホワイトハウスを支配するため、共和党が来年、下院と上院で過半数を占めれば、現実的な道を進むことができると語った。

 「もちろん、われわれは政権と協力して、何が合意できるかを確認しなければならないが、…こう言っておこう。バイデン氏は穏健派として立候補した。もし私が上院の多数党の指導者に、ケビン・マッカーシーが下院議長になれば必ず、ジョー・バイデン氏が穏健になるようにする」

 さらにマコネル氏は、共和党はまだ選挙に向けたアジェンダに取り組んでいるが、有権者にとって身近な問題に重点を置くものになると期待していいと述べた。

 「もし幸運にも多数派になれたとしたら、来年のわれわれの課題は、まさに皆さんと私が話してきたことに焦点を当てることになる。犯罪、教育、国防の強化だ」

 マコネル氏は、共和党はバイデン氏に対し、米国の国際的競争相手による侵略に対してより強い立場を取るよう求めるだろうと付け加えた。

 「ロシアや中国との大国間競争もある。われわれは国際情勢の要求に応えなければならない」

 共和党は昨年11月以来、支持率で民主党を継続的にリードしている。

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)

出版各社、反トランプの1月6日調査結果の焼き直しに余念なし

(2022年12月27日)

マコーネル議員:トランプが共和党のイメージと支持を下げた

(2022年12月26日)
→その他のニュース