米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年4月23日)

2022年4月17日(日)に北朝鮮政府から提供された未公開写真で、北朝鮮の非公開の場所にいる金正恩(キム・ジョンウン)委員長を撮影したもの。北朝鮮は日曜日、新たに開発した戦術誘導兵器の試験発射に成功したと発表した。朝鮮中央通信によると、金正恩は発射を見守ったという。(朝鮮中央通信/APによる韓国通信社)


 米国の安全保障専門家らは、北朝鮮が、発足から1年以上たったバイデン米政権への圧力をさらに強化しており、早ければ来週にも核実験を行うとの見方を示した。

 元国防情報局(DIA)分析官で、テキサス州のアンジェロ州立大学政治科学教授のブルース・ベクトル氏は、北朝鮮がミサイルの発射実験を相次いで実施していることについてワシントン・タイムズとのインタビューで、「米国と韓国から何らかの動きを引き出そうとしている」と分析。その上で、現状は、トランプ前政権の初期に弾道ミサイルの試射、6回目の核実験を実施した時期と似ており、「次は間違いなく核実験だ」と述べた。

 2013年と16年の核実験は25キロトン以下、17年には100キロトンにまで引き上げられており、「17年よりも出力の大きい核実験を行うのではないか」と指摘、米韓を動揺させ、交渉のテーブルに着かせることが狙いとみていることを明らかにした。

 また、ベクトル氏は、核実験の時期として、韓国の尹錫悦次期大統領が就任する5月10日以降、「年内には実施される」とみている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米国、対中衝突を想定した新世代の軍事機材に注目

(2022年05月28日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年04月29日)
→その他のニュース