米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年4月30日)

マイク・ウォルツ下院議員(フロリダ州選出)


 中国共産党系企業が米有力経済誌フォーブス買収計画を進めているとして、米共和党有力議員、ウォルツ下院議員が財務省に調査を要請したことが明らかになった。

 ウォルツ氏はイエレン財務長官宛ての書簡で24日、「進行中のフォーブス買収」を財務省の買収審査機関「対米外国投資委員会(CFIUS)」に調査させるよう要請した。

 下院軍事委員会委員で、下院共和党のチャイナ・タスク・フォースのメンバーでもあるウォルツ氏は、「フォーブスは、資本主義と民主主義に関する報道で、言論の自由をリードしてきた」と指摘、「(中国共産党が)信頼されている米メディアに大きな影響力を持てば、米国内のメディアを通じてプロパガンダを拡散できるようになる」と懸念を表明している。

 フォーブスは、中国・香港の特別買収目的会社(SPAC)、マグナム・オパス・アクイジションと買収交渉を進めており、昨年8月に発表された提示額は6億3000万㌦。マグナムとの合併の一環としてニューヨーク証券取引所に上場することが明らかにされていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン政権のインフレ・経済対策に冷ややかなハイテク大御所たち

(2022年05月22日)

北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

FRB、インフレは収まる兆し無く利上げを断行と報告

(2022年05月13日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

規制の障害に阻まれる自動運転車

(2022年05月08日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)
→その他のニュース