米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年4月30日)

マイク・ウォルツ下院議員(フロリダ州選出)

By Guy Taylor – The Washington Times – Wednesday, April 27, 2022

共和党議員が調査を要請

 中国共産党系企業が米有力経済誌フォーブス買収計画を進めているとして、米共和党有力議員、ウォルツ下院議員が財務省に調査を要請したことが明らかになった。

 ウォルツ氏はイエレン財務長官宛ての書簡で24日、「進行中のフォーブス買収」を財務省の買収審査機関「対米外国投資委員会(CFIUS)」に調査させるよう要請した。

 下院軍事委員会委員で、下院共和党のチャイナ・タスク・フォースのメンバーでもあるウォルツ氏は、「フォーブスは、資本主義と民主主義に関する報道で、言論の自由をリードしてきた」と指摘、「(中国共産党が)信頼されている米メディアに大きな影響力を持てば、米国内のメディアを通じてプロパガンダを拡散できるようになる」と懸念を表明している。

 フォーブスは、中国・香港の特別買収目的会社(SPAC)、マグナム・オパス・アクイジションと買収交渉を進めており、昨年8月に発表された提示額は6億3000万㌦。マグナムとの合併の一環としてニューヨーク証券取引所に上場することが明らかにされていた。

 米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、マグナムは、中国の政府系ファンド「中国投資(CIC)」から昨年3月に創業資金を受け取っている。

 ウォルツ氏はイエレン氏への書簡で、フォーブス買収へのCICの関与の可能性を指摘。CICは、昨年末に所有していたマグナム株5・8%を売却しており、CICのマグナムへの「投資目的に疑念が残る」とした上で、合併は「国家安全保障にとって深刻な懸念を生じさせる」と警告している。

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)

中国が台湾周辺で軍事演習、米の支援を非難

(2022年12月28日)

バイデン氏、米経済は「上向き」と強弁

(2022年12月28日)
→その他のニュース