警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年5月1日)

2022年4月18日、ワシントンのホワイトハウス南側芝生で行われたホワイトハウス・イースター・エッグ・ロールで、ゲストに語りかけるジョー・バイデン大統領の息子、ハンター・バイデン氏。共和党は、ハンター・バイデンと彼のビジネス取引を、彼らの調査・監督活動の中心的なターゲットにするための土台を築いている。もし共和党がこの秋に下院の一方または両方を支配することになれば、大統領の長男の金銭的な取引は新たな監視の対象となることが予想される。(AP写真/Andrew Harnik、ファイル)


 ハンター・バイデン氏のノートパソコンが見つかり、薬物使用の証拠が出てきたり、自宅で10代の少女がいる前で裸になったことへの非難が明らかになる中、法執行機関はこの国で最も強力な政治家一族を積極的に捜査することなく、放置している。

 2020年10月にバイデン大統領の地元の郡警察はこのノートパソコンを受け取るとすぐに、デラウェア州のキャシー・ジェニングス司法長官に引き渡し、司法長官はすぐに連邦捜査局(FBI)のボルチモア支局にそれを引き渡した。

 2年経った今でも、デラウェア州の警察当局や児童福祉当局が、ハンター・バイデン氏の家庭で子供が危険にさらされる事態が起きているかどうかを判断するために行動を起こしたという証拠はない。

 ハードディスクには、ハンター・バイデン氏がガールフレンドとその10代の娘ともに住んでいたデラウェア州の家の中で、コカイン吸引パイプをふかし、裸で歩き回っている写真が保存されていた。また、10代の少女の前での彼の「性的に不適切な」行動に対する親族からの苦情にハンター・バイデン氏が抗議している電子メールの存在も明らかになっている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)
→その他のニュース