マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年5月17日)

2022年5月11日水曜日、ワシントンの国会議事堂で、全国的に中絶を合法化した1973年のロー対ウェイド判決を成文化する女性の健康保護法に関する手続き投票を前に議場に到着したジョー・マンチン上院議員(民主党、ウェバ州選出)。ジョー・バイデン大統領は、ロー対ウェイド判決を覆す最高裁意見書の草案が公開された後、中絶サービスを受ける憲法上の権利を保障する法案を可決するよう議会に呼びかけた。(AP写真/J. Scott Applewhite)


 上院民主党は11日、中絶の制限をなくす法案を可決しようとしたものの失敗に終わった。最高裁意見書の草稿が先週、リークされ、ロー対ウェイド判決が覆されるのは時間の問題であることが明らかになったことを機に、共和党が強気の姿勢を示したためだ。

 上院は、審議打ち切り動議の採決を行い、49-51で、必要な60票を大きく下回った。民主党のジョー・マンチン上院議員(ウェストバージニア州)は、共和党議員と共にこの法案に反対した。

 マンチン氏は採決の直前に、中絶を合法化した1973年の最高裁判決、ロー対ウェイド判決を成文化する法案なら支持するが、この「女性の健康保護法案」はそれをはるかに上回っていると述べた。

 マンチン氏は記者団を前に「きょう投票する女性健康保護法案は、私はそれを支持する人々を尊重するが、間違いなくロー対ウェイド判決の成文化ではなく、拡張である。500もの州法を帳消しにするものだ。中絶を拡大するものだ」と述べた。

 民主党下院議員らは、上院本会議場に乗り込み、「私の体のことは私が決める」と訴えた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

ブリンケン国務長官 中国の体制転換は求めない

(2022年05月31日)

ジョージア州予備選、大統領選出馬を目指すペンス氏には追い風

(2022年05月30日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

米国、対中衝突を想定した新世代の軍事機材に注目

(2022年05月28日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)
→その他のニュース