無制限の中絶へと進む民主党

(2022年5月21日)

2022年5月11日(水)、シカゴに向かい、その後イリノイ州カンカキーに向かう途中、アンドリュース空軍基地でエアフォースワンに乗り込むジョー・バイデン大統領(AP Photo/Gemunu Amarasinghe)。


 民主党は近年、中絶問題で大幅に左傾化し、バイデン大統領もその動きに同調している。

 バイデン氏は、人工妊娠中絶に反対していた過去を捨て、中絶禁止へのほぼ全面的な反対へと傾斜するベテラン民主党議員らに歩調を合わせている。30年前にクリントン大統領がこの中絶を「安全、合法、まれ」でなければならないとした指針を捨ててしまったのだ。

 バイデン氏はかつて、いくつかの中絶処置を犯罪化することに票を投じ、最近では2019年に中絶に対するいかなる連邦政府の資金援助にも反対した。しかし、過去20年の間に立場を変え、党内の最もリベラルな層との連携を強めている。現在は、出生までの中絶を事実上合法化する法案に署名すると公約している。

 かつて穏健派だった他の民主党議員も、中絶に関して立場を変えている。

 ペンシルベニア州のロバート・ケーシー上院議員は、議会で最もプロライフ(中絶反対)寄りの民主党議員の一人と考えられていたが、10日、出生前までの中絶を合法化する上院法案に2度目の賛成票を投じる予定であることを発表した。

 ケーシー氏は、3月に同法案に賛成したほぼ全ての民主党議員の中に含まれていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

ブリンケン国務長官 中国の体制転換は求めない

(2022年05月31日)

ジョージア州予備選、大統領選出馬を目指すペンス氏には追い風

(2022年05月30日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

米国、対中衝突を想定した新世代の軍事機材に注目

(2022年05月28日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)
→その他のニュース