ジョージア州予備選、大統領選出馬を目指すペンス氏には追い風

(2022年5月30日)

2022年5月26日木曜日、ニューハンプシャー州ベッドフォードで開催された昼食会で、講演中に身振りをするマイク・ペンス前副大統領(AP Photo/Charles Krupa)。


 今週行われたジョージア州の共和党予備選で、2020年の選挙が盗まれたという主張に反対する2人の大物が、ドナルド・トランプ前大統領の必死の努力にもかかわらず勝利を収めた。これは、出馬はしていないが、マイク・ペンス前副大統領にとってはいいニュースのようだ。

 ペンス氏はニューハンプシャー州で26日、ブライアン・ケンプ知事が、トランプ氏を支持するデービッド・パーデュー元上院議員に大勝したことは、トランプ氏が共和党の候補者でリベンジをしたいと思っていても、共和党の有権者はそうは思っていないことを示していると述べた。

 ペンス氏は「グッド・モーニングNHウィズ・ジャック・ヒース」で、「あの予備選での(ケンプ氏の)地滑り的な勝利は、この選挙の年にまで過去を引きずっている人々がいる一方で、共和党が未来に向かっていることを明確に示している」と述べた。

 ジョージア州は、2020年の大統領選が民主党に盗まれたというトランプ氏の主張の中心地であり、ケンプ氏とブラッド・ラフェンスパーガー州務長官は、こうした主張に対する抵抗勢力の顔となった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


2024年大統領候補としてトランプ氏に迫るデサンティス氏

(2022年06月26日)

サウスカロライナ州予備選でトランプ氏1勝1敗

(2022年06月18日)

西部保守サミットの人気投票で、デサンティスがトランプを倒す

(2022年06月16日)

オルーク氏、対立候補の会見に乱入 注目求め政界で悪ふざけが増加

(2022年06月14日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

ブリンケン国務長官 中国の体制転換は求めない

(2022年05月31日)

米国、対中衝突を想定した新世代の軍事機材に注目

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

バイデン政権のインフレ・経済対策に冷ややかなハイテク大御所たち

(2022年05月22日)

無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)
→その他のニュース