バイデン氏の失言

(2022年6月1日)

岸田文雄首相との記者会見で話すジョー・バイデン大統領(2022年5月23日月曜日、東京・赤坂の宮殿にて)。(AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領はまた、やってしまった。熱心な記者の質問に答え、米国の重要な地政学的スタンスをひっくり返してしまった。世界が混乱し、核兵器で問題山積の国々が不安に陥れられている時代には、大規模な政策についての誤った発言は、最悪の軍事的偶発事故を引き起こす危険がある。米国人が、失言癖のある大統領に対して歴史的に受け入れ難い気持ちを抱いてきたことに、改めて合点がいく。

 バイデン氏は、インド太平洋地域の連携を強化するための地域歴訪中の23日、東京で面倒を起こした。バイデン氏が、ロシア軍の軍事侵攻を受けているウクライナを補強するために米軍を派遣することを拒否したことを受けて、記者は「台湾を守るために軍事的に関与するつもりはあるか」と尋ねた。

 「ある」とバイデン氏は答えた。「力ずくで、力だけで奪い取れるという考えは全く適切ではない。地域全体を混乱させ、ウクライナで起こったのと同様の事態を招くことになる」と続けた。また、やってしまった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米国の商工会議所は誰のものか

(2022年06月30日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年06月16日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)
→その他のニュース