ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年6月16日)

FIM-92 STINGER MAN PORTABLE AIR-DEFENSE SYSTEM – 第1歩兵師団第1装甲旅団戦闘団第1大隊のスティンガーマンポータブル防空システム(MANPADS)チーム、ゼイン・ペティボン軍曹とスベンソン・アルベルト軍曹(2019年6月11日、米陸軍撮影:トーマス・モート軍曹)

By Guy Taylor – The Washington Times – Tuesday, June 14, 2022

「米兵器がシリア闇市場に」

 ウクライナ侵攻をめぐるロシアによる偽情報が続いている。ロシア高官が今月に入り、米国がウクライナに供与した対空ミサイルがシリアの闇市場で売られていると発言した。西側からのウクライナ支援を阻止するためのロシアの取り組みの一環だ。

 ウィーン軍事安全保障・軍縮交渉のロシア代表コンスタンチン・ガブリロフ氏は9日、ロシアメディアに対し、「これらの兵器が闇市場に現れ、中東、特に(シリアの)イドリブへと運ばれている証拠がある」と主張、「テロに使用される可能性がある」と西側を非難した。

 米国務省高官はこの報道についてワシントン・タイムズに、「非常に深刻に」受け止めているとした上で、「兵器が確実に移転されるよう、ウクライナ政府側と密接に連携している」と強調。「ロシアの偽情報はこれまでもよく知られている。侵攻から目を逸(そ)らそうとしている」と述べた。

 米国など北大西洋条約機構(NATO)加盟国は、大量の武器支援を行っており、すでに少なくとも対戦車砲ジャベリン5000発、対空砲スティンガー1400発を供与している。

 米中央情報局(CIA)の元モスクワ支局長ダニエル・ホフマン氏は、「ロシアはこの発言をきっかけに、影響下にある第三者にシリアへ兵器が流れているという『証拠』を作らせるはずだ」と指摘。米政府当局者も、ロシアが捕獲した兵器を利用してこの偽情報を補強する可能性があると警告している。

 中国も、これに加担する動きを見せている。

 ロシア国営タス通信がガブリロフ氏の発言を報じた日、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、「米とNATOが供与した兵器がネットの闇市場に流れ、テロリストの手に渡っている」と報じた。

 中国とロシアが似た偽情報を流すことはよくあり、相乗効果を狙ったものとみられている。4月には、米情報機関がシリアで民兵を訓練しウクライナに送り込んでいるというロシアの偽情報を中国が報じた。

 米国務省グローバル・エンゲージメント・センター(GEC)の当局者らは、この数カ月間、同様のパターンが繰り返されていると指摘、警戒を求めている。

北核実験巡り割れる観測 中国の影響力に疑念も

(2022年11月26日)

米信教の自由委員会、インドの宗教弾圧に懸念

(2022年11月25日)

バイデン氏、トルコ大統領と会談 クルド問題が依然障害

(2022年11月18日)

米中会談、バイデン氏は関与を求め、習氏は拒否

(2022年11月17日)

米副大統領、比パラワン島訪問へ 中国の反発必至

(2022年11月17日)

バイデン大統領、習主席との会談後、台湾侵攻の「差し迫った動きはない」と語る

(2022年11月17日)

海底ケーブルを守れ

(2022年11月11日)

21世紀の紛争を止める国連の限界を露呈したウクライナ戦争

(2022年11月07日)

北朝鮮、世界の関心が薄れる中、核・ミサイル開発を推進

(2022年11月05日)

「行動派」上将が中国軍事委副主席に就任

(2022年10月30日)
→その他のニュース