ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年6月16日)

FIM-92 STINGER MAN PORTABLE AIR-DEFENSE SYSTEM - 第1歩兵師団第1装甲旅団戦闘団第1大隊のスティンガーマンポータブル防空システム(MANPADS)チーム、ゼイン・ペティボン軍曹とスベンソン・アルベルト軍曹(2019年6月11日、米陸軍撮影:トーマス・モート軍曹)


 ウクライナ侵攻をめぐるロシアによる偽情報が続いている。ロシア高官が今月に入り、米国がウクライナに供与した対空ミサイルがシリアの闇市場で売られていると発言した。西側からのウクライナ支援を阻止するためのロシアの取り組みの一環だ。

 ウィーン軍事安全保障・軍縮交渉のロシア代表コンスタンチン・ガブリロフ氏は9日、ロシアメディアに対し、「これらの兵器が闇市場に現れ、中東、特に(シリアの)イドリブへと運ばれている証拠がある」と主張、「テロに使用される可能性がある」と西側を非難した。

 米国務省高官はこの報道についてワシントン・タイムズに、「非常に深刻に」受け止めているとした上で、「兵器が確実に移転されるよう、ウクライナ政府側と密接に連携している」と強調。「ロシアの偽情報はこれまでもよく知られている。侵攻から目を逸(そ)らそうとしている」と述べた。

 米国など北大西洋条約機構(NATO)加盟国は、大量の武器支援を行っており、すでに少なくとも対戦車砲ジャベリン5000発、対空砲スティンガー1400発を供与している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)

バイデン氏、兵器削減の推進を約束

(2022年06月10日)

プーチン氏に攻撃強化圧力 強まる軍内強硬派の不満

(2022年06月09日)

米州サミットをおおう理念衝突の暗雲?

(2022年06月07日)
→その他のニュース