イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年6月18日)

2022年3月8日、イラン国営テレビが放映した映像から撮影した画像で、イラン北東部のシャフルード砂漠で、偵察衛星「ヌール2」を積んだイラン革命防衛隊のロケットが打ち上げられ、米情報機関がイランの核合意回復交渉が失敗すれば、イランは90%の濃縮を目指す可能性があると警告している。(イラン国営テレビ via AP, File)


 イランの外交トップは14日、2015年の核合意は停滞し、米国などの大国でも多くの人が合意は死んだと結論付けているにもかかわらず、イラン政府はまだ協定の復活を望んでいると述べた。

 国際的な制裁を解除する見返りに、イランの秘密核開発計画に制限を設けたこの合意は、2018年にトランプ大統領が離脱、イラン経済とその貿易相手国に厳しい制裁を復活させて以来、生死の境をさまよっている。

 バイデン大統領は合意の復活を望んでいるが、ウィーンでの多国間協議は1年以上続いており、まだ合意は得られていない。

 イランのアブドラヒアン外相は、米国と欧州の同盟国が先週、国連の核監視機関でイラン非難決議を支持したことを受けて、イランが最近、合意の下で禁止されている核活動をさらに復活させたことを認めた。

 国営タスニム通信によると、アブドラヒアン氏はテヘランで記者団に対し、「それでも、われわれは交渉のテーブルを放棄していない。交渉とメッセージの交換は(イランと欧米の間で)続けられているからだ」と語った。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年06月16日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)

バイデン氏、兵器削減の推進を約束

(2022年06月10日)

プーチン氏に攻撃強化圧力 強まる軍内強硬派の不満

(2022年06月09日)

米州サミットをおおう理念衝突の暗雲?

(2022年06月07日)
→その他のニュース