上院民主党、歳出法案可決へ協議復活

(2022年7月13日)

2020年6月16日、ワシントンのキャピトル・ヒルでの記者会見で発言するチャールズ・シューマー上院院内総務。(AP写真/Manuel Balce Ceneta)

By Haris Alic – The Washington Times – Wednesday, July 6, 2022

 上院民主党は、バイデン大統領の頓挫している社会福祉と気候変動に関するアジェンダから、ささやかな勝利を得ることを期待して、予算調整措置の交渉を再開している。

 この交渉は、ジョー・マンチン上院議員の賛同を得て再開された。

 ウェストバージニア州の民主党議員であるマンチン氏は、50対50で構成される上院の表決を左右する位置にあり、メディケア(高齢者・障害者向け医療保険)の処方薬価格交渉の見直しを軸に協議を進めることに同意している。

 マンチン氏のスポークスマン、サム・ラニョン氏は、「マンチン上院議員は、高齢者の処方薬コストを下げる提案を長年提唱しており、この提案への支持に疑問の余地はない。民主党の50人全員が賛成してくれたことを喜んでいる」と述べた。

 草案では、2023年からメディケアが救命薬の価格を製薬会社と交渉できるようにする、また、薬の自己負担額を患者一人当たり年間2000ドルとし、高齢者や低所得者への経済的支援を拡大するとなっている。

 この案ではさらに、実質的にコストが安定しているにもかかわらず、ここ数カ月で大幅に跳ね上がった医薬品に対する「インフレリベート」を創設する。この計画の一環として、製薬会社はインフレを上回る薬価の引き上げを行った場合、その差額を補填することを余儀なくされることになる。

 チャールズ・シューマー上院院内総務(民主、ニューヨーク州)は、この法案は製薬業界と健康保険業者に薬剤費を低く抑えるインセンティブを与えるだろうと述べた。

 共和党は、インフレが40年来の高水準であるため、米国民はこれ以上の支出をする余裕がないと主張し、この復活した協議を非難した。

 ミッチ・マコネル上院院内総務(共和、ケンタッキー州)は、「彼らは好景気を不景気に変えてしまった。今、彼らはさらに大きなダメージを与え、党派を超えて巨大な増税を強行しようと考えている」と述べた。

 マンチン氏は昨年末、バイデン氏の1兆7500億ドルの歳出計画を、インフレを悪化させるという懸念から頓挫させた。民主党はこの法案を、予算調整(上院の60票のフィリバスター<議事妨害>規制を回避できる歳出・税制措置)を通して可決する予定だったので、彼の反対によって法案は事実上、否決された。この手続きにより、民主党は党員投票で法案を可決することも可能になる。

 マンチン氏の反対にもかかわらず、シューマー氏はこの法案を復活させようと努力している。数カ月に及ぶやりとりの後、シューマー氏は、幅広いコンセンサスがある問題から始め、そこから構築していくことに同意した。

 この戦略により、シューマー氏とマンチン氏は、民主党が長年にわたって見直しが必要だと指摘してきた処方薬の価格設定に取り組むことになった。しかし、気候変動対策や増税など、他の条項を盛り込むことに合意できる可能性は低い。

 マンチン氏は石炭産出州であるウェストバージニア州選出で、化石燃料を段階的に削減する同党の取り組みに反対している。一方、民主党のキルステン・シネマ上院議員(アリゾナ州)氏は、ホワイトハウスが新たな社会福祉プログラムの費用を捻出する方法として示した所得税と法人税の引き上げに難色を示している。

共和党でトランプ氏に土俵を譲ることを拒否する動き広がる

(2022年11月28日)

米共和党、バロットハーベスティング推進で民主に反撃へ

(2022年11月27日)

共和党支持者、現党指導部に嫌気 強いリーダー求める

(2022年11月24日)

ドナルド・トランプを追い出してはならない

(2022年11月24日)

民主党、再選目指すトランプ阻止に「過激な法的措置」も

(2022年11月23日)

波に乗るハリス米副大統領 バイデン氏後継も視野

(2022年11月20日)

マッカーシー院内総務、下院議長選へ結束呼びかけ

(2022年11月19日)

「赤い波」不発の行方は?

(2022年11月16日)

トランプ氏、間もなく大統領選出馬を表明か、党内の一部は延期要請

(2022年11月14日)

中間選挙の挫折をトランプに押し付ける共和党幹部

(2022年11月12日)
→その他のニュース