台湾キリスト教徒に弾圧懸念、併合で「再教育」の標的に

(2022年8月16日)

2018年6月1日(金)撮影、中国中部河南省南陽市近郊の家の教会の外にある「恩寵」と書かれたキリスト教ポスターのそばに、色あせた中国の習近平主席の写真が写っている。毛沢東以来、中国で最も強力な指導者である習近平国家主席の下、国が宗教的復興を遂げているにもかかわらず、信者はその自由が劇的に縮小しているのを目の当たりにしている。専門家や活動家によると、習近平氏は権力を強化する中で、1982年に宗教の自由が中国憲法に明記されて以来、最も厳しい組織的なキリスト教弾圧を繰り広げているとのことだ。(AP写真/Ng Han Guan)

By Mark A. Kellner – The Washington Times – Friday, August 12, 2022

 中国が大規模な軍事演習を実施するなど、台湾併合へ圧力を強化していることを受けて専門家らは、中国が台湾占領に成功すれば、まずキリスト教徒が弾圧を受けることになると懸念を表明している。

 在米の福音派キリスト教会牧師ボブ・フー(傅希秋)氏は、「(台湾が占領されれば)キリスト教徒がまず最初に激しい攻撃を受ける。香港のキリスト教徒よりも激しい弾圧になる」と主張、駐仏中国大使が今月初め、テレビのインタビューで、併合されれば、台湾人を「再教育」すると語ったことを引き合いに出しながら、まず宗教が「再教育」の標的になるとの見方を示した。

 中国生まれのフー師は、1997年に宗教迫害を逃れて米国に移住、中国での信教の自由の推進を支援する「チャイナエイド」を創設した。

 台湾のキリスト教徒は100万人以下で、人口の約4%だが、政界への影響力は強いという。

 台湾長老派教会(PCT)は、19世紀に英国とカナダからの宣教師によって設立された。蒋介石の国民党政権下で迫害を受けたが、併合に反対する民進党との関係が深く、フー師は、PCTは「逮捕、殺害の第一の標的」になると警告した。

 また、台湾に4年半滞在したという宣教師は匿名で、共産党政権になれば「信教の自由に重大な影響が及ぶ」と指摘、「すべての宗教団体は政府機関に登録することを求められ、監視を受ける。指導者の任命も監視され、神学校での教育は共産主義思想に沿うよう監督を受ける」と述べた。

 レーガン政権で国防総省高官を務め、慈善団体「迫害されたキリスト教徒を救え」のフランク・ギャフニー会長はワシントン・タイムズに、中国で認められるのは習近平国家主席を崇拝する修正された宗教だけであり、「イエス・キリストを信じる台湾の人々は特に強い恐怖、迫害、略奪にさらされる」と警告した。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)
→その他のニュース