民主党を含む多くの国民がバイデン氏の精神状態を懸念-世論調査

(2022年8月17日)

2022年8月10日(水)、ワシントンのホワイトハウスのイーストルームで行われた式典で、「2022年PACT法」への署名を前に話すジョー・バイデン大統領。(AP Photo/Evan Vucci)

By Jeff Mordock – The Washington Times – Thursday, August 11, 2022

 民主党を含む多くの米国民がバイデン大統領の精神的健康状態を懸念している。失言を繰り返し、79歳のバイデン氏が2期目を目指すべきかどうかという疑問が渦巻いているからだ。

 8日に発表されたイシューズ・アンド・インサイツ/TIPPの世論調査によると、回答者の59%がバイデン氏の精神的健康に懸念を示し、そのうち36%が「非常に懸念している」と回答した。21%が全く懸念を持たず、18%が「あまり懸念していない」と答えた。

 民主党では39%が懸念していると答えたのに対し、共和党では82%、無党派層では56%だった。

 調査報告は「大多数ではないものの、かなり多い」と指摘している。

 しかし、民主党の58%は、バイデン氏の精神的健康状態について心配していないと答えた。共和党では17%、無党派層では39%だった。

 性別や人種などでは、バイデン氏の精神的健康に対する見方に統計的な差は見られなかった。この質問に対しては、男性も女性も同じ、59%という結果だった。男性の39%が「懸念していない」と答え、女性では38%だった。

 一方、白人の63%、ヒスパニック系の61%が「懸念している」と回答。黒人はバイデン氏に最も信頼を寄せており、「懸念していない」と答えた人が53%だったのに対し、「懸念している」と答えた人は44%だった。

 「これらの世論調査のデータから、バイデン氏の認知能力に、事実上すべてのグループの間で真の懸念があることが分かる」と調査結果は指摘している。

 調査は、8月2日~4日にかけてオンラインで行われ、1335人の米国の成人が回答した。誤差はプラスマイナス2.8%ポイント。

 バイデン氏は大統領として最年長であり、その職務をこなすエネルギーがあるかどうかを公然と疑問視する声もある。就任後、失言や言い間違いに悩まされており、その認知能力を疑問視する声が上がっている。

 先月の中東訪問では、米軍の「無私」を、米軍の「利己主義」と言い間違えたり、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の「名誉」を忘れないよう呼びかけ、後で「恐怖」と訂正したりと、言い間違いに悩まされている。

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)

ケネディ氏は「コントロール不能」、第3の候補に「夜も眠れず」-民主・共和両陣営選挙責任者

(2024年04月26日)

LGBTへの保護を強化、バイデン政権が教育改正法見直し

(2024年04月24日)

陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年04月19日)

トランプ氏の支持率は上昇 裁判めぐり義理の娘

(2024年04月17日)
→その他のニュース