同時テロ再発も ポンペオ氏が警告-アフガン撤収1年

(2022年8月31日)

2022年8月22日(月)、サウスカロライナ州アンダーソンで開催されたジェフ・ダンカン米下院議員のフェイス&フリーダムBBQファンドレイザーで基調講演を行うマイク・ポンペオ前国務長官(AP Photo/Meg Kinnard)。

By Joseph Clark – The Washington Times – Monday, August 29, 2022

 ポンペオ前米国務長官は、1年前のアフガニスタンからの米軍撤収についてバイデン政権の不手際を非難、米国が2001年の同時多発テロのような攻撃を再び受ける可能性があると警告した。

 ポンペオ氏は28日、ラジオのトークショーで、「20年余り前に起きたニューヨークのような攻撃を受けることもあり得る。今、1年前よりアフガンから攻撃を受ける可能性が高まっている」と述べた。

 また、「あの失敗によって米国の威信は傷つき、米国の安全は損なわれ、(ロシアの)プーチン大統領はウクライナに侵攻できると確信した」と指摘、撤収時の失態が世界の安全保障に大きな影響を及ぼしたとの見方を示した。

 撤収時の混乱の中で起きた爆弾テロで、米兵13人、アフガン人170人が死亡している。バイデン氏は死亡した米兵らを追悼する声明を発表、「戦争には大変な犠牲が伴うことを想起させ、胸が痛い」と、撤収の正当性を強調している。

 20年にわたったアフガン戦争で2461人の米兵が死亡、2万人以上が負傷した。

 バイデン政権は、アフガン内のテロ組織の掃討に努めることを明らかにしており、7月には首都カブールに潜伏していたアルカイダの指導者アイマン・ザワヒリ容疑者を無人機攻撃で殺害、テロ対策の成果を誇示している。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)
→その他のニュース