民主有力議員、同時テロ実行犯を追悼か 保守派は騒然

(2022年9月14日)

2021年11月12日(金)、シアトルでインタビューに答えるプラミラ・ジャヤパル下院議員(ワシントン州選出)。ジャヤパル氏のキャリアは、シアトルで培った進歩的な信用と、ワシントンDCで断固として行使してきた政治的センスによって、米国政治のトップクラスに急速に昇格した(AP Photo/Elaine Thompson)。

By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Monday, September 12, 2022

 民主党の有力議員が、2001年9月11日の同時多発テロについて、死者数に19人のテロリストを含ませていたとみられるツイートを削除した。

 進歩派の間で強い発言力を持つプラミラ・ジャヤパル下院議員(ワシントン州)は11日の投稿を削除したが、1年前の同じ投稿はネット上に残っている。

 このツイートは、ツインタワーの写真と「決して忘れない」というフレーズとともに、「今日、私たちは9.11の犠牲になった2996人の方々と、その後の永遠の戦争で国に尽くしながら命を落としたすべての人々を追悼する」と述べている。

 この矛盾を報じたFOXニュースは、新しい投稿だけが削除された理由について、下院議員から返答はなかったという。

 この投稿に保守派は騒然とし、意図的なものに違いないと主張した。

 「9.11で何人死んだか」をグーグルで検索したのかもしれない。検索では、テロリストを含む2996人という数字が出てくる。

 ジャヤパル氏はその後もいくつかツイートし、犠牲者とテロの後に差別を受けた人々を振り返っている。

 「今日、私たちは、米国民の精神に影響を与えたテロ攻撃だけでなく、彼らが耐えなければならなかった憎しみ、差別、市民的自由の侵害など、多くの被害を受けたこの国のコミュニティーを思い出す必要がある」

陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年04月19日)

トランプ氏の支持率は上昇 裁判めぐり義理の娘

(2024年04月17日)

トランプ氏、中絶の全国規制に反対 民主党の選挙戦術に対抗

(2024年04月10日)

移民問題がトランプ氏に追い風、女性票獲得へ

(2024年04月08日)

ウィスコンシン州 行方左右-バイデン、トランプ氏再戦へ

(2024年04月04日)

オバマ夫人と対決でもトランプ氏が勝つ―世論調査

(2024年04月02日)

ヘイリー氏支持者取り込み狙うバイデン陣営

(2024年04月01日)

選挙妨害が再び阻止される

(2024年03月30日)

共和党、資金調達でララ・トランプ新委員長に期待

(2024年03月16日)

共和党員である場合だけ犯罪

(2024年03月15日)
→その他のニュース