米高官 ウクライナへ戦車供与「用意はある」

(2022年9月24日)

2019年10月21日月曜日、リトアニアの首都ヴィリニュスの北約50km(31マイル)のパブラデ駅に到着した、テキサス州のフォートフッドから来た米軍第9連隊第1装甲大隊の隊員が、鉄道車両からエイブラムス戦闘戦車を降ろす準備をする。米軍によると、来年初めに欧州で米国から2万人の兵士が参加する大規模な演習を準備しており、訓練のために大西洋を渡って展開するのは過去25年以上で最大規模だという。(AP写真/Mindaugas Kulbis)

By Mike Glenn – The Washington Times – Monday, September 19, 2022

 米政府高官は、ウクライナ軍の旧ソ連製戦車を、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が使用している近代的で高性能な戦車に更新するのを支援すべきだとの見方を示した。

 国防総省高官は19日、将来的に西側の戦車をウクライナに供与する「用意は当然ある」とした上で、「装甲車両はウクライナにとって非常に重要」と指摘、「いずれ、供与を求められると考えている」と述べた。

 ところが、当局者らによると、西側の最新の戦車をウクライナが実戦で使用するには、「かなりの」訓練とメンテナンスの期間が必要になる。

 そのため、「直近の戦闘では、訓練する必要がほとんどなく、すぐに手に入るソ連製の戦車が効果的」(米政府高官)であり、米政府は現在、旧ソ連製兵器を使用している国々にウクライナへの戦車の供与を求めている。

制空権確保に失敗し、戦略的失態を重ねるロシア軍

(2022年10月02日)

台湾高官、米に軍事支援を要請

(2022年10月02日)

米韓海軍が軍事演習を開始 北朝鮮はミサイル実験

(2022年09月28日)

ロシアが核の脅しを実行すれば、壊滅的結果を招く:ホワイトハウス

(2022年09月27日)

バイデン大統領:中国侵入なら、米軍は台湾を守る

(2022年09月21日)

バイデン政権、アブラハム合意拡大に消極的

(2022年09月19日)

バイデン政権、アブラハム合意拡大に消極的

(2022年09月18日)

露、制裁で兵器製造に支障 ウクライナ侵攻で大量に消耗

(2022年09月12日)

砲撃強化でロシア軍を押し返すウクライナ軍

(2022年09月05日)

大災害も懸念されるウクライナの原発に、国際査察官らが到着

(2022年09月04日)
→その他のニュース