米高官 ウクライナへ戦車供与「用意はある」

(2022年9月24日)

2019年10月21日月曜日、リトアニアの首都ヴィリニュスの北約50km(31マイル)のパブラデ駅に到着した、テキサス州のフォートフッドから来た米軍第9連隊第1装甲大隊の隊員が、鉄道車両からエイブラムス戦闘戦車を降ろす準備をする。米軍によると、来年初めに欧州で米国から2万人の兵士が参加する大規模な演習を準備しており、訓練のために大西洋を渡って展開するのは過去25年以上で最大規模だという。(AP写真/Mindaugas Kulbis)

By Mike Glenn – The Washington Times – Monday, September 19, 2022

 米政府高官は、ウクライナ軍の旧ソ連製戦車を、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が使用している近代的で高性能な戦車に更新するのを支援すべきだとの見方を示した。

 国防総省高官は19日、将来的に西側の戦車をウクライナに供与する「用意は当然ある」とした上で、「装甲車両はウクライナにとって非常に重要」と指摘、「いずれ、供与を求められると考えている」と述べた。

 ところが、当局者らによると、西側の最新の戦車をウクライナが実戦で使用するには、「かなりの」訓練とメンテナンスの期間が必要になる。

 そのため、「直近の戦闘では、訓練する必要がほとんどなく、すぐに手に入るソ連製の戦車が効果的」(米政府高官)であり、米政府は現在、旧ソ連製兵器を使用している国々にウクライナへの戦車の供与を求めている。

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)

中国が台湾周辺で軍事演習、米の支援を非難

(2022年12月28日)
→その他のニュース