民主党議員、ユダヤ教大学にゲイ学生グループの承認要請

(2022年10月8日)

2022年7月15日、ワシントンの国会議事堂で行われた「女性の健康保護法」と「生殖自由への女性の権利確保法」の下院採決を前に、イベントに参加したアレクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員(民主党)と女性下院民主党員たち。オカシオ・コルテスがニューヨーク議会の予備選挙で勝利し、強力な現職を倒し、民主党に衝撃を与えてから4年、進歩的左派はさまざまな成功を収めており、運動の力の限界を疑問視する声も上がっている。(AP写真/Andrew Harnik、ファイル)

By Mark A. Kellner – The Washington Times – Tuesday, October 4, 2022

 アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員ら議会議員団がこのほど、ニューヨークの正統派ユダヤ教のイエシバ大学に2ページの書簡を送り、ゲイの学生グループを「認める」よう求めた。

 134年の歴史を持つ同大学は、ゲイグループ「YUプライド・アライアンス」が学内組織としての正式な地位を求めて起こした訴訟への介入を最高裁に求めた。

 同大は、YUプライド・アライアンスを認めることは宗教的信条に反すると述べている。

 最高裁判事のソニア・ソトマイヨール氏は当初、学校側にこの団体を承認するよう強制した下級裁判所の決定を阻止する差止命令を認めた。

 最高裁はその後、イエシバ大学が緊急控訴する前にあらゆる法的救済手段を取ったとは言えないとした。

 同校は当初、控訴審を進める間、すべての学生クラブ活動を停止すると回答していた。

 しかし9月21日、YUプライド・アライアンスはニュースリリースで、ニューヨークの裁判所の承認命令の「停止」に同意すると発表した。「学校がその責任を回避する間、すべての学生の活動を終了させることで仲間の学生を罰することを望まないからだ 」というのがその理由だ。

 ニューヨークの民主党議員6人が、「LGBTQ+の学生を平等に扱い、彼らの幸福のために安全な空間を提供すること」を要求する書簡に署名した。

 この訴訟でイエシバ大学の代理人を務めた公益法律事務所「信教の自由のためのベケット・ファンド」は、コメントの要請に応じなかった。

 オカシオコルテス氏の他に、ジャマール・ボウマン、エイドリアーノ・エスパイラット、モンデア・ジョーンズ、キャロライン・マロニー、ポール・トンコ下院議員らが書簡に署名した。

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

ティックトックが銃入手を助長

(2024年04月20日)

「女性」は生物学的女性だけ アイダホで州法成立 全米で5番目

(2024年04月12日)

市民権申請書類の性別に「その他」を追加

(2024年04月05日)

バイデン政権、復活祭に「トランス認知」宣言 カトリック・共和が反発

(2024年04月03日)

LGBT・性転換支援に補助金 予算案通過で保守派反発

(2024年03月26日)
→その他のニュース