トランプ氏、間もなく大統領選出馬を表明か、党内の一部は延期要請

(2022年11月14日)

2022年11月8日(火)、選挙日にフロリダ州パームビーチのマー・ア・ラゴで来賓に語りかけるドナルド・トランプ前大統領(AP Photo/Andrew Harnik)。

By Susan Ferrechio – The Washington Times – Friday, November 11, 2022

 フロリダ州ジャクソンビル-ドナルド・トランプ前大統領は、2024年の大統領選出馬計画の発表を、上院の支配権が決定するまで延期するよう側近らから促されたにもかかわらず、来週、発表すると述べた。

 トランプ氏の「特別な発表」が、パームビーチにあるマール・ア・ラーゴの別荘で15日午後9時に行われる予定だ。

 ここで、2024年の大統領選への出馬を表明するとみられている。そうなれば、ジョージア州の上院選が終わるまで待つようにという多くの顧問や元側近の忠告に逆らうことになる。

 ジョージア州の選挙戦は、民主党現職のラファエル・ウォーノック氏と共和党のハーシェル・ウォーカー氏による一騎打ちとなっている。その結果で、上院の過半数をどちらの政党が支配するかが決まることになりそうだ。

 トランプ氏の出馬表明によって、ウォーカー氏の勝利が難しくなる可能性があると一部の共和党員は懸念しており、選挙に勝つことに焦点を当てたいと考えている。

 元大統領報道官のケイリー・マケナニー氏はFOXニュースで「共和党のエネルギーはバイデン氏のアジェンダを停止させることに向ける必要があり、それはそのままジョージア州に影響を及ぼす可能性がある」と述べた。

 トランプ氏は、早期に出馬表明することで、共和党の予備選を勝利できると考えているのかもしれない。

 トランプ氏はライバルとなりうる人物への批判を始めている。10日にはフロリダ州のロン・デサンティス知事、11日朝にはバージニア州のグレン・ヤンキン知事について暴言を吐いた。トランプ氏は、彼らが選挙に勝てたのは自身のおかげだと主張。2018年の選挙では連邦警察を送り込んで票の集計を阻止し、そのおかげでデサンティス氏は僅差で勝利できたと主張した。

マッカーシー議員、自分が下院議長になれないと、「政府追求の能力が停滞する」と警告

(2022年12月08日)

副大統領の広報担当、また新たな辞任劇へ

(2022年12月07日)

共和党、獲得票増加も、重要選挙区では空振り

(2022年12月01日)

共和党でトランプ氏に土俵を譲ることを拒否する動き広がる

(2022年11月28日)

米共和党、バロットハーベスティング推進で民主に反撃へ

(2022年11月27日)

共和党支持者、現党指導部に嫌気 強いリーダー求める

(2022年11月24日)

ドナルド・トランプを追い出してはならない

(2022年11月24日)

民主党、再選目指すトランプ阻止に「過激な法的措置」も

(2022年11月23日)

波に乗るハリス米副大統領 バイデン氏後継も視野

(2022年11月20日)

マッカーシー院内総務、下院議長選へ結束呼びかけ

(2022年11月19日)
→その他のニュース