米副大統領、比パラワン島訪問へ 中国の反発必至

(2022年11月17日)

2022年11月6日(日)、シカゴ訪問を終え、シカゴのミッドウェイ国際空港でエアフォース2に乗り込むカマラ・ハリス副大統領。(AP Photo/Matt Marton)

By Jeff Mordock – The Washington Times – Tuesday, November 15, 2022

 ハリス米副大統領が来週のアジア歴訪中に、フィリピン西部のパラワン島を訪問することが明らかになった。中国が領有を主張する南シナ海の東側に接し、中国の反発は必至だ。

 米政府高官が明らかにしたところによると、訪問は22日とみられ、地元住民、比沿岸警備隊の代表らと面会する予定。米政府当局者としては最高位の訪問となる。

 パラワン島は、中国が軍事基地化を進める南沙諸島に近い。南沙諸島はフィリピンのほかに、ブルネイ、マレーシア、台湾、ベトナムが領有を主張しており、海底には石油、天然ガスなど豊富な資源が埋蔵されている。

 米政府高官によると、ハリス氏はパラワン島訪問中、「国際法の重要性、自由な交易、南シナ海での航行の自由を改めて訴える」という。

 ハリス氏のアジア歴訪はこの3カ月間で2度目。バイデン米大統領もカンボジア、インドネシアを歴訪しており、域内の同盟国との連携強化と、台湾侵攻への野心をあらわにしている中国を牽制する狙いがある。

下院共和党、バイデン政権によるアフガン監察官への妨害を追及へ

(2022年12月05日)

最も腐敗していない国はノルウェー

(2022年12月04日)

北核実験巡り割れる観測 中国の影響力に疑念も

(2022年11月26日)

米信教の自由委員会、インドの宗教弾圧に懸念

(2022年11月25日)

バイデン氏、トルコ大統領と会談 クルド問題が依然障害

(2022年11月18日)

米中会談、バイデン氏は関与を求め、習氏は拒否

(2022年11月17日)

バイデン大統領、習主席との会談後、台湾侵攻の「差し迫った動きはない」と語る

(2022年11月17日)

海底ケーブルを守れ

(2022年11月11日)

21世紀の紛争を止める国連の限界を露呈したウクライナ戦争

(2022年11月07日)

北朝鮮、世界の関心が薄れる中、核・ミサイル開発を推進

(2022年11月05日)
→その他のニュース