中国当局者に禁錮20年-米でスパイ活動、航空機企業の技術情報狙う

(2022年11月19日)

オハイオ州バトラー郡の刑務所から提供された写真で、Yanjun Xuが写っている。連邦裁判官は、米国の航空・航空宇宙企業から企業秘密を盗もうとした罪で有罪判決を受けた中国人のYanjun Xuに判決を下す準備を進めています。検察は、2013年からYanjun XuがGE Aviationを含む航空会社で働く専門家を採用したと主張している。政府は、シンシナティで行われる2022年11月16日(水)の判決公判で、25年の懲役刑を求刑している。Xuの弁護士は、公正な判決は、彼が逮捕以来務めた約5年であると述べている。( バトラー郡、オハイオ州、刑務所 via AP )

By Brad Matthews – The Washington Times – Wednesday, November 16, 2022

 米航空機エンジンメーカー、GEアビエーションから、エンジンの設計情報など企業秘密を盗み出そうとしたとして起訴されていた中国国家安全部職員、徐燕軍被告に16日、禁錮20年の有罪判決が下された。中国情報機関当局者の身柄が米国に移送され、裁判を受けるのは初めて。米連邦検察は「中国政府当局者への歴史的判決」と高く評価した。

 徐被告は2017年3月、GEアビエーションの航空機用エンジン部品に関する技術を盗み出すことを目的に、同社職員に接触し、18年2月に欧州出張中に面会してデータの引き渡しを要求していた。同年4月1日にベルギーに到着した際に拘束され、米国に移送された。

 徐被告は、米国を含む各国の企業から企業秘密、技術情報を盗み出そうと、13年12月以前から活動していたとみられている。

 ガーランド司法長官は判決を受けて、「中国などによる、わが国の経済と安全保障を脅かす活動に毅然と対処することを明確にした」と強調。オハイオ州南部地区担当の連邦検事は「米国へのスパイ活動に対する中国政府高官への歴史的判決」と指摘するとともに、「外国政府に対して、米国は違法な活動を容認しないという警告となる」と判決を歓迎した。

 徐被告は、米国内の他の中国人スパイを監督していたことでも知られ、14年には外国工作員に指定されていた。シカゴの大学に通っていた中国人スパイ、紀超群被告に接触し、スパイのリクルートを求めるなどしていたという。紀被告はその後、米軍に勤務し、徐被告と中国国家安全部職員に、軍への侵入に成功し、情報を提供できると伝えていたことが明らかになっている。

 紀被告も今年9月にスパイ容疑で有罪判決を受けた。

仕事を本国へ戻そう

(2022年12月09日)

ただ乗り生活は非米国的

(2022年11月30日)

バイデン政権の反化石燃料政策で自然保護基金が危機に

(2022年11月26日)

連邦控訴裁、バイデン氏の学生ローン免除を差し止め

(2022年11月18日)

陰謀組織が政府を支配-世論調査

(2022年11月10日)

高い物価・犯罪率に苛立つ有権者から離れてしまった民主党

(2022年11月08日)

国民に信頼されていないFBI

(2022年11月02日)

法律顧問がウォーク文化に対抗する力を得る

(2022年10月29日)

保守勢力、選挙健全化で投票監視ボランティアを多数募る

(2022年10月27日)

逮捕の反中絶キリスト教徒 司法省を非難

(2022年10月26日)
→その他のニュース