海上石油・ガス掘削リグにサイバー攻撃のリスク、セキュリティーの強化要請-米会計検査院

(2022年11月25日)

2021年10月5日、ロサンゼルス-ロングビーチ港に入る前に、石油プラットフォーム近くの沖合に停泊している貨物船。(AP写真/Eugene Garcia、ファイル)

By Vaughn Cockayne – The Washington Times – Tuesday, November 22, 2022

 米会計検査院は最新の報告で、海上石油・ガス掘削リグがサイバー攻撃の大きなリスクにさらされていると指摘、対策の必要性を訴えた。米国では昨年、国内最大級の石油パイプラインがサイバー攻撃を受けて一時的に供給を停止しており、エネルギー産業のサイバーセキュリティー対策の必要性が求められている。

 報告は、多くのリグでセキュリティー対策が不十分な古いIT機器が使用され、サイバー攻撃によって遠隔操作される可能性のある重大な弱点を抱えていると指摘。「(機器が旧式なため)悪意のある行為を検知することが難しく、サポートが切れた古いオペレーティングシステム(OS)を使用しているシステムもある」と早急な対策を求めている。

 報告書は、「2015年に対策の必要性を認識して以来、サイバーセキュリティーリスクの規模と範囲は拡大し続けている」と指摘、内務省の安全環境執行局(BSEE)に、米国のリグのセキュリティー強化への取り組みを要請した。

 米国には1600基の海上石油・ガス掘削リグがあり、国内エネルギーの大部分を供給している。

 米国では昨年、燃料送油管会社コロニアル・パイプラインがロシア系のハッカー集団によるサイバー攻撃を受け、エネルギーインフラの脆弱性が露呈したばかり。この攻撃で、南部、東部で石油の供給が停止、ガソリンが高騰するなどの影響を受けた。

IT大手・サイバー当局、選挙へのAIリスク警戒

(2024年01月08日)

AIでサイバー攻撃のスキルが向上、専門家が懸念

(2023年12月18日)

NSAがAIセキュリティー・センター新設 サイバー脅威に対抗

(2023年10月03日)

AIの脆弱性がサイバー攻撃拍車、英機関が警告

(2023年09月05日)

マイクロソフトが中国による台湾サイバースパイ活動を報告

(2023年09月03日)

ズーム、新たにスパイ活動・プライバシー侵害疑惑

(2023年08月10日)

北朝鮮のサイバー攻撃、情報当局者に偽メール 政府が新戦略策定へ

(2023年06月07日)

米サイバーセキュリティー当局、TikTokは「弾を込めた銃」と警告

(2023年04月14日)

米情報機関、企業と提携しネットを監視か

(2022年11月06日)

バイデン政権との安全保障上の懸念、解消に近づく-TikTok

(2022年09月29日)
→その他のニュース