副大統領の広報担当、また新たな辞任劇へ

(2022年12月7日)

2022年11月30日(水)、ワシントンの内務省で開催された「トライバル・サミット」で講演するカマラ・ハリス副大統領。(AP写真/Jacquelyn Martin)

By Mica Soellner – The Washington Times – Saturday, December 3, 2022

 カマラ・ハリス副大統領の執務室からまた一人、今度は広報責任者が辞任する。ジャマル・シモンズ氏は約一年間その職にあったが、家族と一緒にニューヨークに引っ越すことを理由に、来月、職を去ることになった。

 「副大統領のために務めたことは光栄であり特権でした。副大統領が私を信頼してくれたことに、とても感謝しています。何よりも一緒に働いた素晴らしい仲間たちを忘れないでしょう」、シモンズ氏は有力政治メディアの「ポリティコ」に語った。

 シモンズ氏は昨年、ハリス副大統領に職を託されたが、当時、副大統領は最初の一年目で、スタッフ維持に苦心し、仕事環境が悪いなどと報じられたり、実際に比較的高い離職率に悩んでいた時期だ。

 ホワイトハウスに来る前のシモンズ氏は「CBSニュース」と、政治ニュース専門の「ザ・ヒル」に寄稿していた。また2000年のアル・ゴア氏の大統領選挙に関与した。

 仕事仲間たちのシモンズ評は、職場に良い雰囲気を作り出し、副大統領のメディア出演やインタビューを好感度なものにしたという。

 バイデン大統領の上級顧問を務めるアニタ・ダン氏は、シモンズ氏の仕事ぶりを称賛しつつ、同氏の業務はそもそも約一年間のものだったはずだ、と指摘した。

 「ジャマルは副大統領の周辺で素晴らしいパートナーだったし、ホワイトハウス全体の広報チームで有能なメンバーの一人でした」、ダン氏はさらに語る、「彼は副大統領の仕事ぶりを広報するだけでなく、この大事な一年間、ホワイトハウスが全体として取り組んできた諸課題を広報していく上で、欠くことのできない牽引者だった。それは歴史に刻まれるような成果をもたらしてくれたと思う。」

バイデン氏の機密文書の不始末

(2023年02月01日)

バイデン氏、クレイン首席補佐官の後任にザイエンツ氏

(2023年01月30日)

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)
→その他のニュース