大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年1月10日)

2022年10月15日(土)、米ペンシルベニア州マルバーンで行われた共和党上院議員候補のメフメト・オズ氏の選挙イベントで演説するRNC議長のロナ・マクダニエル氏。(AP写真/Laurence Kesterson)

By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Friday, January 6, 2023

 共和党全国委員会(RNC)のロナ・マクダニエル委員長は、保守派団体が、自分の再選を望む有権者は共和党の一握りであることを示す「いい加減な世論調査」を発表したとして非難、この団体が6日、反撃した。

 調査はトラファルガー・グループが州会議行動委員会(COS)の依頼を受けて実施したもので、マクダニエル氏はニュースマックスの取材で、この調査を批判した。

 「どんな結果でも出せるように、いい加減な方法で行われた。それは、COSで行われたもので、対象は選ばれていた。要するに、調査の基準を見れば、まともな調査でないことは分かる」

 マクダニエル委員長は、再選を目指し、対抗馬らをかわそうとしている。マイピロー社のマイク・リンデルCEOと、カリフォルニア州のRNC委員、ハルミート・ディロン氏が、今月の投票を前に、委員長選に名乗りを上げた。

 COSは、共和党員の73.5%がRNCのリーダーに新しい人を選ぶべきだと考えている一方、マクダニエル氏の続投を望んでいるのは6%弱とする世論調査結果を擁護した。それ以外のことはよく分からないという。

 COSのマーク・メクラー会長は、「政治家が法案を読まずに投票するのを見てきたが、(マクダニエル氏も)われわれの世論調査を実際には読まずに批判している。誰が見ても、この調査はCOSで行われたものではなく、『選ばれたサンプル』でもなく、米国で最も信頼され、尊敬されている世論調査会社の一つであるトラファルガー・グループが行った全米規模の科学的調査であることがはっきり分かる」と述べた。

 調査は、12月17日から12月21日にかけて、共和党の有権者1078人を対象に行われ、誤差は2.9%ポイント。

 共和党は上院選で、ドナルド・トランプ前大統領が推薦した候補者がアリゾナ州、ジョージア州、ペンシルベニア州で落選し、不振に陥った。

 小差で下院の多数派となった共和党は、出はなをくじかれた格好だ。共和党は、ケビン・マッカーシー院内総務を推す下院議長選で分裂し、投票が数日に及ぶことを余儀なくされ、議会運営もまひした。

バイデン再選を邪魔するインフレ

(2024年02月24日)

「民主主義を擁護」しつつ、トランプ氏の勝利を否定する民主党の計画

(2024年02月23日)

あまりに少ないハマス人質報道 バイデン政権に配慮か

(2024年02月03日)

テイラー・スウィフト頼み? 低迷のバイデン陣営

(2024年02月02日)

トランプ氏、立候補資格を争うほとんどの裁判で勝訴

(2024年01月29日)

ヘイリー氏、大統領選での勝利に自信 ニューハンプシャー予備選でトランプ氏と一騎打ち

(2024年01月23日)

リークされた与野党の国境政策に保守派が猛反発

(2024年01月20日)

バイデン大統領、判事の多様化推進 LGBT指名も

(2024年01月18日)

バイデン氏再選に黄信号 民主党に危機感

(2024年01月17日)

ギングリッチ氏、トランプ氏収監なら「全米で怒り爆発」

(2024年01月14日)
→その他のニュース