バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年1月15日)

2023年1月5日、ワシントンのホワイトハウスのルーズベルトルームで、国境警備について話すジョー・バイデン大統領。バイデン氏は、米国の指導者として約10年ぶりにメキシコを訪問する予定だ。バイデン氏は訪問に先立ち、メキシコの承認を得て、米国が他国から毎月3万人の移民を国境を越えて返すことになる国境政策の大転換を発表した。(AP写真/パトリック・セマンスキー、ファイル)

By Victor Morton – The Washington Times – Wednesday, January 11, 2023

 バイデン大統領は、今週初めに確認されたワシントンのオフィスとは別の場所にも機密文書を保管していたと報じられた。

 NBCニュースは11日午後「この件に詳しい人物」の発言として報じたところによると、側近がバイデン氏が使用したことのある場所を探した、少なくとももう一束の機密文書が見つかった。

 NBCニュースは、バイデン氏の副大統領の任期が終わった2017年にホワイトハウスを去って以降に発見された文書の量、機密のレベル、保管されていた正確な場所については説明しなかった。

 しかし、その情報源は、バイデン氏が利用した他の場所での機密資料の一斉捜索の中で文書が発見されたと述べている。

 FOXニュースは11日午後、同様の報道をした。

ジョシュ・ホーリー上院議員(共和、ミズーリ州)はこれに対してツイッターで「特別検察官」という文言を投稿し、反応した。

 ホワイトハウスは9日、ワシントンのシンクタンクにあるバイデン氏の元オフィスで、オバマ政権時代の機密文書が「少数」発見されたことを認めていた。

バイデン氏の機密文書の不始末

(2023年02月01日)

バイデン氏、クレイン首席補佐官の後任にザイエンツ氏

(2023年01月30日)

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)

出版各社、反トランプの1月6日調査結果の焼き直しに余念なし

(2022年12月27日)
→その他のニュース