500人超が出馬申請-米大統領選

(2023年2月7日)

2016年2月13日(土)、サウスカロライナ州グリーンビルのピースセンターで行われたCBSニュース共和党大統領討論会の前に登壇する、左からオハイオ州知事のジョン・ケイシック氏、前フロリダ州知事のジェブ・ブッシュ氏、テキサス州上院議員のテッド・クルーズ氏、実業家のドナルド・トランプ氏、フラ州上院議員のマルコ・ルビオ氏、引退神経外科医のベン・カーソン氏 (AP Photo/John Bazemore)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Sunday, February 5, 2023

 2024年米大統領選まで638日あるが、出馬を決意している人々にとって選挙はもう始まっているようだ。

 選挙サイト「バロットペディア」によると、「1月30日時点で、500人以上が24年大統領選への出馬を連邦選挙管理委員会(FEC)に申請した」。

 候補者は、共和党、民主党、リバタリアンの他、緑の党の支持を受けた人々、米民主社会主義者党、米独立保守党、平和・自由党、フェデラリスト党、米納税者党までさまざまだ。

 有力候補、無名候補を問わず、出馬の意向を候補者らが正式に表明する時期が迫っている。

 バロットペディアによると、「これまでを振り返れば、出馬表明が盛んになるのは、今後何カ月かの間になりそうだ。20年の選挙では、注目された候補の87%(27人)が19年6月までに、16年の選挙では、15年6月までに77%(17人)が出馬を表明していた」

 もちろん、昨年11月15日に出馬の意向を表明したトランプ前大統領は申請していない。

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)

ケネディ氏は「コントロール不能」、第3の候補に「夜も眠れず」-民主・共和両陣営選挙責任者

(2024年04月26日)

LGBTへの保護を強化、バイデン政権が教育改正法見直し

(2024年04月24日)

陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年04月19日)

トランプ氏の支持率は上昇 裁判めぐり義理の娘

(2024年04月17日)
→その他のニュース