アカデミー賞にもジェンダー中立の波

(2023年3月16日)

2023年1月24日(火)、ロサンゼルスのアカデミー博物館で行われた第95回アカデミー賞のノミネートセレモニーの開始前に、オスカー像が登場する様子。第95回アカデミー賞は2023年3月12日(日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される予定だ。(AP Photo/Jae C. Hong)

By Valerie Richardson – The Washington Times – Thursday, March 9, 2023

 アカデミー賞の主演女優賞は今年が最後になるかもしれない。エンターテインメント産業でジェンダーニュートラル(性的中立)の傾向が強まり、性別による賞を廃止する動きが強まっているからだ。

 すでに音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞、映画とテレビ番組に贈られるMTVムービー・テレビ・アワード、独立系映画に贈られるゴッサム賞とインディペンデント・スピリット賞は、主演男優賞、主演女優賞を「ベストパフォーマー」「ベストパフォーマンス」に変更している。

 芸能界のこのような傾向を受けて、公平か多様性かを巡る新たな議論がアカデミー賞を巡っても沸き起こっている。賞の性別が見直されることで、男性優位とされる芸能界で女優が不利になり、受賞の機会を逃すようになる可能性があるからだ。

 アカデミー賞女優、パトリシア・アークエットさんは昨年11月のゴッサム賞の授賞式でこの問題について「それで公平になるかどうかは分からない」と懸念を表明、英女優のジョアンナ・ラムリーさんも2月のテレビインタビューで、「多くの男性とともに『主演俳優』として私の名前が挙がっても、受賞のチャンスはないだろう。『主演女優』としてならあるかもしれない」と話している。

 このところ、授賞式の視聴者数は減少傾向にあり、100年近くに及ぶ伝統を変えることに対する危機感を抱く人々も多い。

 ニールセンの調査によると、2021年のアカデミー賞授賞式の視聴者数は過去最低の1050万人。芸能誌バラエティーによると22年には1660万人に増えるが、それでも最低から2番目だ。

 ブログ「アワード・デイリー」のサシャ・ストーン氏は、「生き残りたければ、『ウォーク(差別に敏感なこと)トピア』としてイメージを一新することを拒否すべきだ」と主張。ポッドキャスト「ハリウッド・イン・トト」の司会者、クリスチャン・トト氏も、ジェンダーニュートラルの傾向によって近年、「従来の視聴者が離れている」と警告した。

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

ティックトックが銃入手を助長

(2024年04月20日)

「女性」は生物学的女性だけ アイダホで州法成立 全米で5番目

(2024年04月12日)

市民権申請書類の性別に「その他」を追加

(2024年04月05日)

バイデン政権、復活祭に「トランス認知」宣言 カトリック・共和が反発

(2024年04月03日)

LGBT・性転換支援に補助金 予算案通過で保守派反発

(2024年03月26日)
→その他のニュース