アカデミー賞にもジェンダー中立の波

(2023年3月16日)

2023年1月24日(火)、ロサンゼルスのアカデミー博物館で行われた第95回アカデミー賞のノミネートセレモニーの開始前に、オスカー像が登場する様子。第95回アカデミー賞は2023年3月12日(日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される予定だ。(AP Photo/Jae C. Hong)

By Valerie Richardson – The Washington Times – Thursday, March 9, 2023

 アカデミー賞の主演女優賞は今年が最後になるかもしれない。エンターテインメント産業でジェンダーニュートラル(性的中立)の傾向が強まり、性別による賞を廃止する動きが強まっているからだ。

 すでに音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞、映画とテレビ番組に贈られるMTVムービー・テレビ・アワード、独立系映画に贈られるゴッサム賞とインディペンデント・スピリット賞は、主演男優賞、主演女優賞を「ベストパフォーマー」「ベストパフォーマンス」に変更している。

 芸能界のこのような傾向を受けて、公平か多様性かを巡る新たな議論がアカデミー賞を巡っても沸き起こっている。賞の性別が見直されることで、男性優位とされる芸能界で女優が不利になり、受賞の機会を逃すようになる可能性があるからだ。

 アカデミー賞女優、パトリシア・アークエットさんは昨年11月のゴッサム賞の授賞式でこの問題について「それで公平になるかどうかは分からない」と懸念を表明、英女優のジョアンナ・ラムリーさんも2月のテレビインタビューで、「多くの男性とともに『主演俳優』として私の名前が挙がっても、受賞のチャンスはないだろう。『主演女優』としてならあるかもしれない」と話している。

 このところ、授賞式の視聴者数は減少傾向にあり、100年近くに及ぶ伝統を変えることに対する危機感を抱く人々も多い。

 ニールセンの調査によると、2021年のアカデミー賞授賞式の視聴者数は過去最低の1050万人。芸能誌バラエティーによると22年には1660万人に増えるが、それでも最低から2番目だ。

 ブログ「アワード・デイリー」のサシャ・ストーン氏は、「生き残りたければ、『ウォーク(差別に敏感なこと)トピア』としてイメージを一新することを拒否すべきだ」と主張。ポッドキャスト「ハリウッド・イン・トト」の司会者、クリスチャン・トト氏も、ジェンダーニュートラルの傾向によって近年、「従来の視聴者が離れている」と警告した。

重い電気自動車はガードレールや歩行者に危険を及ぼす

(2024年02月18日)

特別検察官報告書で浮き彫りになった司法省のダブルスタンダード

(2024年02月17日)

バイデン米政権が「反ワク本」検閲でアマゾンに圧力

(2024年02月12日)

商務省に新たなスパイ部門 政府が検討

(2024年02月04日)

女子トイレは生物学的女性だけ ウェストバージニア州でも「女性の権利章典」採択へ

(2024年01月30日)

トランス選手から女子スポーツを守れ 競泳のゲインズさんが絵本出版

(2024年01月28日)

子供の性転換を禁止 知事の拒否権覆す―オハイオ州

(2024年01月26日)

韓国発祥ドローンサッカー、ラスベガスCESでデビュー

(2024年01月15日)

米国の鉄鋼を鍛える 日本製鉄がUSスチール買収

(2024年01月13日)

性的に中立なおもちゃ売り場の設置義務付け―カリフォルニア州

(2024年01月06日)
→その他のニュース