バイデン大統領、再選へインフルエンサー動員

(2023年4月12日)

2019年11月14日撮影、ユタ州オレムにあるユタ・バレー大学のキャンパスを歩く学生たち。(AP Photo/Rick Bowmer)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Monday, April 10, 2023

 バイデン米大統領は再選に向けて、「TikTok(ティックトック)」などSNS上で影響力を持つインフルエンサーを通じて、若者を中心とする有権者にアプローチしようとしているようだ。

 ニュースサイト「アクシオス」は、バイデン政権の「デジタル戦略」について、「何百人ものインフルエンサーに自身の実績をアピールさせようとしている。もうすぐホワイトハウスに専用の会見室ができるかもしれない」と揶揄(やゆ)した。

 ツイッター上のニュースやトレンドをカバーしている保守系サイト「ツイッチー・コム」は、「(中国系の)ティックトックを安全保障上の脅威として禁止しようとしているものとばかり思っていたが、ティックトックを使って、自身を支持するよう若者に擦り込もうとしている」とこき下ろした。

 米経済サイト「ビジネス・インサイダー」も、「インフルエンサーを集める一方で、通常のニュースにとらわれず、SNSでホワイトハウスをフォローしている若者にアプローチする戦略」との見方を示した。

 バイデン政権は昨年10月の「インフレ低減法」の成立を祝うホワイトハウスでの式典に20人以上のインフルエンサーを「特別ゲスト」として招待。公共ラジオ(NPR)は、「若者にアプローチする政権の戦略の一環」と報じていた。

左派政策に対する反動

(2024年06月23日)

バイデンかトランプか 「どっちも嫌」が倍増

(2024年06月22日)

「敵を沈めよ」大統領選へ共和党がオンラインキャンペーン

(2024年06月19日)

トランプ氏のリバタリアンへの働き掛け

(2024年06月02日)

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)
→その他のニュース