バイデン大統領、再選へインフルエンサー動員

(2023年4月12日)

2019年11月14日撮影、ユタ州オレムにあるユタ・バレー大学のキャンパスを歩く学生たち。(AP Photo/Rick Bowmer)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Monday, April 10, 2023

 バイデン米大統領は再選に向けて、「TikTok(ティックトック)」などSNS上で影響力を持つインフルエンサーを通じて、若者を中心とする有権者にアプローチしようとしているようだ。

 ニュースサイト「アクシオス」は、バイデン政権の「デジタル戦略」について、「何百人ものインフルエンサーに自身の実績をアピールさせようとしている。もうすぐホワイトハウスに専用の会見室ができるかもしれない」と揶揄(やゆ)した。

 ツイッター上のニュースやトレンドをカバーしている保守系サイト「ツイッチー・コム」は、「(中国系の)ティックトックを安全保障上の脅威として禁止しようとしているものとばかり思っていたが、ティックトックを使って、自身を支持するよう若者に擦り込もうとしている」とこき下ろした。

 米経済サイト「ビジネス・インサイダー」も、「インフルエンサーを集める一方で、通常のニュースにとらわれず、SNSでホワイトハウスをフォローしている若者にアプローチする戦略」との見方を示した。

 バイデン政権は昨年10月の「インフレ低減法」の成立を祝うホワイトハウスでの式典に20人以上のインフルエンサーを「特別ゲスト」として招待。公共ラジオ(NPR)は、「若者にアプローチする政権の戦略の一環」と報じていた。

「民主主義を擁護」しつつ、トランプ氏の勝利を否定する民主党の計画

(2024年02月23日)

あまりに少ないハマス人質報道 バイデン政権に配慮か

(2024年02月03日)

テイラー・スウィフト頼み? 低迷のバイデン陣営

(2024年02月02日)

トランプ氏、立候補資格を争うほとんどの裁判で勝訴

(2024年01月29日)

ヘイリー氏、大統領選での勝利に自信 ニューハンプシャー予備選でトランプ氏と一騎打ち

(2024年01月23日)

リークされた与野党の国境政策に保守派が猛反発

(2024年01月20日)

バイデン大統領、判事の多様化推進 LGBT指名も

(2024年01月18日)

バイデン氏再選に黄信号 民主党に危機感

(2024年01月17日)

ギングリッチ氏、トランプ氏収監なら「全米で怒り爆発」

(2024年01月14日)

ヘイリー氏、トランプ氏に迫る ニューハンプシャー州で一桁差

(2024年01月11日)
→その他のニュース