バイデン氏がダメな場合は誰?

(2023年9月13日)

2023年9月4日月曜日、ワシントンに到着し、ホワイトハウスの南芝生を歩くバイデン大統領。(AP Photo/Manuel Balce Ceneta)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Monday, September 11, 2023

 バイデン大統領が2024年の再選出馬を断念した場合、どうなるのだろうかとすでに一部の人々は考え始めている。政治的に重要な選挙の年がすぐそこだ。

 政治ニュースサイトElectionCentral.comの創設者兼編集長のネイト・アシュワース氏は「2024年にジョー・バイデンが落選したら、誰が後任になるのか?

いい質問だ。今のところ、カマラ・ハリス副大統領でさえ、正当な後継者であるにもかかわらず、その答えを知らないようだ」と書いている。

 アシュワース氏は、状況が整えば民主党から立候補する可能性のある候補者を6人挙げた。

 「バイデンが大統領としての役割を果たせなくなった場合は、ハリスが、『緊急時にはガラスを割る』非常ボタンとなる。しかし、選択が可能であれば、ハリスではない誰かが選ばれる可能性が高いようだ」と分析している。

 リストに上がっているのはまずカリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事だ。

 「彼は事実上、すでに大統領選に出馬している。もう何カ月も、おそらく何年も前から影の選挙キャンペーンを展開しており、性自認、移民、中絶をめぐる争いの最前線に身を置いている」

 そして、ピート・ブティジェッジ運輸長官。「まだ息をしているから、選択肢の中の1人だ」

 アシュワース氏は、ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事の名も挙げた。

 「民主党はこの北中西部のロックダウン(都市封鎖)クイーンが好きだ。ホイットマーは新型コロナのパンデミック(大流行)の間、あらゆる権利を侵害したが、それでも2022年に再選された。カマラ・ハリスよりも優れた副大統領候補として浮上してくることもあり、必要であれば大統領に就任することもできると考える人も多い」

 アシュワース氏は、アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員の可能性を示唆し、「若い有権者の世代と同調し、インスタグラムをプロのように使える大統領になる」と指摘した。

 また、ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事の名前も挙げた。

 「彼女は民主党支持者が望むものを持っている。左翼的な政策を真剣に推し進めている。民主党が好きなロックダウンの重要な擁護者でもあり、中絶に至っては、出産の瞬間まで可能と考えている」

 「冗談のように聞こえるかもしれないが、ホークルは一般的に民主党支持者の間で評判がよく、2024年にバイデンの後任が必要になった場合、ニューサムと互角に戦えるだろう」

陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年04月19日)

トランプ氏の支持率は上昇 裁判めぐり義理の娘

(2024年04月17日)

トランプ氏、中絶の全国規制に反対 民主党の選挙戦術に対抗

(2024年04月10日)

移民問題がトランプ氏に追い風、女性票獲得へ

(2024年04月08日)

ウィスコンシン州 行方左右-バイデン、トランプ氏再戦へ

(2024年04月04日)

オバマ夫人と対決でもトランプ氏が勝つ―世論調査

(2024年04月02日)

ヘイリー氏支持者取り込み狙うバイデン陣営

(2024年04月01日)

選挙妨害が再び阻止される

(2024年03月30日)

共和党、資金調達でララ・トランプ新委員長に期待

(2024年03月16日)

共和党員である場合だけ犯罪

(2024年03月15日)
→その他のニュース