上院ドレスコードはトランス差別 左翼活動家が反発

(2023年10月1日)

2023年4月17日月曜日、ワシントンのキャピトル・ヒルで報道陣に手を振るジョン・フェッターマン上院議員(民主党)。(AP Photo/Jacquelyn Martin, File)

By Kerry Picket – The Washington Times – Thursday, September 28, 2023

 左翼活動家が、上院のドレスコード(服装規定)はトランスジェンダーへの差別となる可能性があると反発を強めている。

 非営利団体「ディマンド・プログレス」の政策責任者であるダニエル・シュルマン氏はⅩへの投稿で、ジョセフ・マンチン上院議員(民主、ウェストバージニア州)とミット・ロムニー上院議員(共和、ユタ州)が共同提出したドレスコード決議に異論を唱えた。この決議は27日に超党派で承認された。

 決議には「上院の議場ではビジネスウエアを着用すること。男性の場合はコート、ネクタイ、スラックスなどの長ズボンを着用すること」としており、シュルマン氏はこの文言を取り上げ、「文化戦争決議」であり、「『男性』はコート、ネクタイ、スラックスを着用しなければならないということだ」と主張した。

  その上で「トランスジェンダーである場合も、決議は特定の服装を要求するのか。決議では、誰が男性とみなされるのか」と反発、女装したいという人はどうすればいいのかと疑問を呈した。

 上院民主党のトップ、チャック・シューマー院内総務が9月中旬、ドレスコードを緩和し、カジュアルな服装での登院を容認したことに共和党議員らが反発。上院は27日、ドレスコードを復活させる決議を承認した。

 それに先立ち上院では、パーカーと短パンといういで立ちで登院しているジョン・フェターマン上院議員(民主、ペンシルベニア州)への反発が強まっていた。

 上院では、上院議員やスタッフは議場ではビジネスウエアを着用しなければならないという不文律があったが、決議が承認されたことでドレスコードは成文化された。

 これを受けてフェターマン氏は議場に入るのを控え、下院の民主党議員用クロークの出入り口から投票を行った。

「多様・平等・包摂」へ反発強まる 「有害な思想」と大学で排除の動き

(2024年05月23日)

トランス選手が女子陸上で優勝 観客からブーイングも-オレゴン州

(2024年05月22日)

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

ティックトックが銃入手を助長

(2024年04月20日)

「女性」は生物学的女性だけ アイダホで州法成立 全米で5番目

(2024年04月12日)

市民権申請書類の性別に「その他」を追加

(2024年04月05日)
→その他のニュース