トランス競泳選手が女子記録更新、反発強まる

(2023年11月27日)

2023年11月18日、ペンシルバニア州ダラスで開催されたクーガースプラッシュ・インビテーショナルで、100ヤードバタフライのプログラム記録を更新したラマポ・カレッジ・オブ・ニュージャージー(マーワ)の4年生、メーガン・コルテス=フィールズ。(写真提供:ラマポ大学陸上競技部)

By Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, November 22, 2023

 トランスジェンダーの選手が学生競泳で優勝し、大会記録を塗り替えたことで、全米大学体育協会(NCAA)に女子スポーツの公平性を確保するよう求める声が改めて強まった。

 この選手は、メーガン・コルテスフィールズさん。ニュージャージー州ラマポ大学の4年生で、これまで男子チームで3年間泳いでいた。18日にペンシルベニア州ダラスで開催されたクーガースプラッシュ・インビテーショナルで、100ヤードバタフライの57秒22の学校記録を更新した。

 コルテスフィールズさんは200ヤード個人メドレーでも2分12秒05で優勝。その4日前、ニュージャージー州ウェインで開催されたウィリアム・パターソン大学との試合では、100バタフライ、200メドレーリレーで優勝した。

 独立女子スポーツ評議会(ICONS)は、コルテスフィールズさんが「記録リストから女性の名前を消した」と述べ、NCAA会長のチャーリー・ベーカーを名指しで、「これはあなたが監督すべきことだ」と非難した。

 ケンタッキー大学の元全米代表競泳選手で、女子スポーツへのトランスジェンダー選手の参加に反対しているライリー・ゲインズさんは、ラマポ大学のスター選手コルテスフィールズさんを、2022年のディビジョン1女子水泳選手権でタイトルを獲得したトランスジェンダー選手、リア・トーマスになぞらえた。

 ゲインズさんとトーマスさんは200ヤード自由形でともに5位となったが、NCAA職員はトロフィーをトーマスさんに渡して表彰台の写真を撮り、ゲインズさんにはレプリカを郵送した。

 ゲインズさんはX(旧ツイッター)に「ニュージャージー州のラマポ大学の競泳選手が、普通の男子競泳選手から、女子競泳選手と競い合う記録破りの選手になった。こんなことが以前にもあったような」と投稿した。

 ニュージャージー州マーワにある公立の教養大学であるラマポ大は、NCAAのディビジョン3に属している。ディビジョン3はレベルが低いとみなされ、奨学金を得ることもできない。

 ゲインズさんは、コルテスフィールズさんの記録樹立は、男子の部ではまず無理だっただろうと指摘。

 FOXニュースで、「競泳選手として、このタイムの意味を説明したい。男子の100ヤードバタフライで57秒というのは、言葉は悪いがお粗末と言うしかない。決してレベルは高くない」と述べた。

 ゲインズさんは、男性生まれの選手が性自認に基づいて女性と競争することを認める政策は「女子に悪影響しか与えない」と述べた。

 テニス界の大御所、マルチナ・ナブラチロワさんもXで「女性が男性のスポーツ界に入り、記録を塗り替えるような存在になることはない。これは一方通行でしかない」と語っている。

 コルテスフィールズさんは、このような反発があることについて公にはコメントしていないが、昨年、大学新聞のインタビューで、トーマスさんはインスピレーションを与えてくれたと語っている。

 トーマスさんは男子チームで3年間泳いだ後、2022年にペンシルバニア大学の4年生として女子記録を更新し、多様性と公平性をめぐる議論が国際的なスポットライトを浴びるきっかけとなった。

 コルテスフィールズさんはラマポ・ニュース紙に対し、「(トーマスさんは)そういう意味で私にインスピレーションを与えてくれる存在だが、同時に、彼女が経験したことをよく理解しているので、とても気の毒に思っている。今シーズンに入るときでさえ、私は勝つことに恐れを感じていた」と語った。

 ラマポ大は、コルテスフィールズさんの記録樹立を祝福するインスタグラムの投稿を削除したことで批判を浴びたが、大学側は、「侮辱するコメント」が寄せられるのを避けるためにある学生が削除したと述べた。

 ラマポ大の広報担当ブリタニー・ウィリアムズゴールドスタイン氏は22日の声明で、「ラマポ大はすべての学生アスリートをサポートしている」と述べた。

 ワシントン・タイムズへの電子メールで「NCAA加盟校として、ラマポ大学アスレチックスは、NCAAトランスジェンダー学生アスリート参加規定を含む、すべてのNCAA方針に従っている。メーガンさんの偉業に関する当初のソーシャルメディアへの投稿は、その投稿に対する侮辱的なコメントからチームメイトを守ろうとした仲間によって削除された。大学はその仲間の決断を支持する」と主張した。

 さらに「当校は、全大会のチームおよび学生アスリート個人の業績を、当校の陸上競技のウェブサイトに掲載し続けている。当校は、注目を浴びているメーガンさんとチームメイトが、世間からの非難に対処するために必要なリソースと支援があるかどうかを確認している。この出来事の核心には、人、チーム、コミュニティー、広範な公共政策があることを改めて確認しておかねばならない」と訴えた。

 トーマスさんの騒動を受けてNCAAは、トランスジェンダー選手参加資格を改定し、各スポーツの国内統括団体に委ねることを選択した。現在段階的に実施されている変更は、2024-25年度から完全に実施される予定だ。

 ラマポ大学の次回の競泳大会は12月8日、ニュージャージー州のモントクレア州立大学で予定されている。

重い電気自動車はガードレールや歩行者に危険を及ぼす

(2024年02月18日)

特別検察官報告書で浮き彫りになった司法省のダブルスタンダード

(2024年02月17日)

バイデン米政権が「反ワク本」検閲でアマゾンに圧力

(2024年02月12日)

商務省に新たなスパイ部門 政府が検討

(2024年02月04日)

女子トイレは生物学的女性だけ ウェストバージニア州でも「女性の権利章典」採択へ

(2024年01月30日)

トランス選手から女子スポーツを守れ 競泳のゲインズさんが絵本出版

(2024年01月28日)

子供の性転換を禁止 知事の拒否権覆す―オハイオ州

(2024年01月26日)

韓国発祥ドローンサッカー、ラスベガスCESでデビュー

(2024年01月15日)

米国の鉄鋼を鍛える 日本製鉄がUSスチール買収

(2024年01月13日)

性的に中立なおもちゃ売り場の設置義務付け―カリフォルニア州

(2024年01月06日)
→その他のニュース