陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年4月19日)

マンハッタン刑事裁判所で陪審員選考2日目の手続き開始を待つドナルド・トランプ前大統領(2024年4月16日火曜日、ニューヨーク)。ドナルド・トランプ氏は火曜日に法廷に戻り、判事が2016年の選挙運動中にセックス・スキャンダルを隠蔽するためにビジネス記録を改ざんしたとされる刑事告発について、前大統領が有罪かどうかを決定する陪審員団を見つける作業を行った。(Justin Lane/Pool Photo via AP)

By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Monday, April 15, 2024

 ニューヨーク州法違反で起訴されたトランプ前大統領の初公判が15日、ニューヨーク州地裁で行われた。12人の陪審員選任が開始され、16日、7人が選ばれた。同州地裁のホアン・マーシャン裁判長は、「ニューヨーク州市民対トランプ氏の裁判」と名付けた。

 陪審員選任では、「トランプ氏について何らかの強い意見を持っているか」と問われて、「はい」と答えた者が脱落するなど、判事の質問によって公平な見地に立てないと判断された候補から除外されていく。

 陪審員の氏名は公表されないが、事件の当事者らには開示される。当事者には、トランプ氏の不倫相手だったとされるストーミー・ダニエルズさん、告発者のマイケル・コーエン弁護士、トランプ氏の子供たち、ジュリアーニ元ニューヨーク市長、トランプ前政権のバノン元首席戦略官やコンウェイ元上級顧問、娘婿のジャレド・クシュナー氏らが含まれる。

 トランプ氏は今後、公判が続く6月まで、マンハッタンの裁判所への出廷が義務付けられ、11月の大統領選に向け今後2カ月間、行動が制限される。

 トランプ氏は、今回の告発は大統領選を妨害しようとする民主党の陰謀活動の一つだと主張。公判初日にも、「これは政治的迫害だ」「米国に対する攻撃だ」などと訴えた。

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)

ケネディ氏は「コントロール不能」、第3の候補に「夜も眠れず」-民主・共和両陣営選挙責任者

(2024年04月26日)

LGBTへの保護を強化、バイデン政権が教育改正法見直し

(2024年04月24日)

トランプ氏の支持率は上昇 裁判めぐり義理の娘

(2024年04月17日)

トランプ氏、中絶の全国規制に反対 民主党の選挙戦術に対抗

(2024年04月10日)
→その他のニュース