「敵を沈めよ」大統領選へ共和党がオンラインキャンペーン

(2024年6月19日)

2024年4月23日火曜日、ペンシルベニア州ニュータウンの投票所に設置された投票ブース。(AP写真/マット・ローク)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Monday, June 17, 2024

  共和党全国委員会(RNC)は17日、11月の大統領選に向けて、オンラインで「投票促進」キャンペーンを開始した。その名も

「スワンプ・ザ・ボート(投票して敵を沈めよう)」。

 「2024年の投票日が間近に迫っている。あっという間に11月5日がやってくる。ジョー・バイデン氏と極左リベラルの巨大詐欺マシーンを打ち負かすために総力を挙げて戦う必要がある。大量の投票で、極左リベラルを沈め、圧倒し、不正などものともせず、勝利を確実にしなければならない」

 「トランプ大統領がよく言っているのは、早期に投票する計画を立てることが重要であり、それが11月の完全かつ全面的な破壊から国を救う最善の方法だということだ。不在者投票、期日前投票、選挙当日の投票はすべて、私たちの国を救う仕事を完結させるための最善の方法だ」とRNCは訴えている。

 「私たちは、偉大な米国へのトランプ大統領のビジョンを有権者に直接伝える。私たちの国を憎む病んだ政治階級に無視されることにうんざりしている有権者に直接伝える。これまで共和党に投票してこなかった多くの人々は、急進左派が国民の繁栄や成功など気にかけていないことに気づいている。投票に行こう」

 RNCはまた有権者に対して「家庭の中の共和党支持者とトランプ支持者全員が必ず投票するよう、責任を持ってほしい」と呼びかけている。

 この新たなキャンペーンについてはswampthevoteusa.comを参照。

下院、トランプ氏暗殺未遂調査でタスクフォース設置へ

(2024年07月23日)

トランプの受難とイエスの十字架

(2024年07月19日)

レーガンとトランプ、暗殺未遂で見せた強さ

(2024年07月16日)

ペンス氏、中絶反対巡る「後退」を警告 共和党、新綱領採択へ

(2024年07月11日)

最高裁は大統領による政敵暗殺をOKしたのか

(2024年07月09日)

子供の性別適合治療に関する州法 最高裁が審理へ

(2024年06月30日)

トランプ氏勝利の確率は66% 世論調査の第一人者が予想

(2024年06月29日)

民主、党大会前にバイデン-ハリス組をオンライン指名か―米大統領選

(2024年06月24日)

左派政策に対する反動

(2024年06月23日)

バイデンかトランプか 「どっちも嫌」が倍増

(2024年06月22日)
→その他のニュース