中国系ハッカー組織がアフガン政府にスパイ工作

(2021年7月4日)


 中国語を操るハッカー集団がアフガニスタン政府の国家安全保障指導部にサイバー攻撃で侵入し、標的を定めたスパイ工作を行っていたことが分かった。  

 サイバーセキュリティー企業のチェックポイント社が明らかにした。  

 カリフォルニア州とイスラエルに本社を置く同社によると、ハッキング工作は2014年から始まった。工作活動の詳細は1日に公表されたが、世界各国、特に米国では中国によるサイバースパイや影響工作に関心が高まっている。例えば、バイデン政権はマイクロソフト・エクスチェンジのサーバーに不正侵入した集団を正式に特定する準備を進めているが、マイクロソフト社は中国で活動する、政府の支援を受けた集団の仕業だとみている。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)

タリバン支配下で宗教的少数派が「急速に縮小」

(2021年10月09日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)

「債務の罠」に陥る途上国、中国「一帯一路」の問題点浮き彫り

(2021年10月02日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)

バイデン米政権、対中融和に後戻り 台湾との関係を制限

(2021年09月28日)

自信付けるイラン、しぼむ米の核合意への期待

(2021年09月26日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)

タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年09月22日)
→その他のニュース