コロナ関連死で子供150万人が保護者失う

(2021年7月24日)


 新型コロナウイルスの大流行が始まってから1年2カ月の間に、世界中で150万人以上の子供が、少なくとも1人の保護者を新型コロナ関連の原因で失ったことが、新たな研究から明らかになった。  

 これらの子供は、親、親権を持つ祖父母、同居していた祖父母を、新型コロナによる呼吸器系の病気で失った。20日発行の医学雑誌「ランセット」に掲載された研究で明らかになった。  

 この研究には、疾病対策センター(CDC)、ハーバード大学医学部、インペリアル・カレッジ、ケープタウン大学など、さまざまな機関の研究者らが参加している。  

 複数の国での新型コロナによる感染症を直接の原因とする死亡者数と、ロックダウン(都市封鎖)、医療や慢性疾患の治療を受けにくくなったこと、社会的制限、移動の制限などの間接的な原因による死亡者数を集計した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


フロリダ州の情報操作疑惑

(2022年06月08日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

コロナ拡大による国境封鎖政策を廃止へ 混乱に備える国境

(2022年04月09日)

ワクチン接種と超過死亡数の急増

(2022年03月23日)

コロナ規制解除で結婚式の件数、費用が急上昇

(2022年02月26日)

コロナ発生を警告 中国人医師死去2年

(2022年02月12日)

ワクチン義務化は、議会が与えた大統領権限を越えている、裁判所が判断

(2022年01月28日)

「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)
→その他のニュース