バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年7月27日)

Customers wear face masks in an outdoor mall with closed business amid the COVID-19 pandemic in Los Angeles. (AP Photo/Damian Dovarganes,File)


 ビベック・マーシー米医務総監は18日、ロサンゼルス郡がワクチン接種者と非接種者の両方にマスク着用を要求する命令への反発に直面しているにも関わらず、新型コロナウイルス感染者の急増が地方におけるマスク義務化の新たな動きを引き起こすと予測した。

 「ワクチン接種者が少ない地域や感染者が増加している地域では、ロサンゼルスのマスク規則のように、郡がより多くの予防策を講じることが非常に合理的だ」とマーシー氏はABCの番組「ディス・ウイーク」 で語り、「それは米国の他の地域でも起こるだろう」と指摘した。

 しかし、ロサンゼルス郡では、一度マスクから解放された住民は、争うことなしに再び着用することを望まない可能性を示している。

 ロサンゼルス郡保安局のアレックス・ビジャヌエバ氏は、17日の午後11時59分に発効したマスク着用義務を執行しないと発表した。同氏は、米疾病予防管理センターの5月13日の指針を引用し、完全に予防接種を受けた人々はもはやマスクを着用する必要がないと述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)

コロナ関連給付が中国・ロシアに流出?下院共和党が調査を要求

(2021年12月10日)

中露など 米コロナ失業給付を不正取得 「十分な監視が行われず」

(2021年12月02日)

中国、感染拡大で新監視システム

(2021年11月14日)

中国の危険な研究に加担するファウチ博士

(2021年11月03日)

破綻した「大きい政府は良い政府」神話

(2021年10月28日)
→その他のニュース