ハリス副大統領、ベトナム、シンガポール訪問へ

(2021年8月8日)

Vice President Kamala Harris talks to the media, Friday, June 25, 2021, after her tour of the U.S. Customs and Border Protection Central Processing Center in El Paso, Texas. AP Photo/Jacquelyn Martin)


 カマラ・ハリス副大統領は、米国との関係強化と経済協力の拡大のため、8月にベトナムとシンガポールを訪問すると副大統領事務局が30日、発表した。

 ハリス氏は、ベトナムを訪問する最初の副大統領であり、バイデン政権でアジアを訪問する高官としては最高位となる。

 上級顧問のシモーン・サンダース氏は、副大統領が「地域の安全保障、新型コロナウイルスのパンデミックへの世界的な対応、気候変動、ルールに基づく国際秩序を促進するための共同の取り組みなど、相互に関心のある問題について、両政府の指導者と対話する」と述べた。

 中米からの不法移民の「根本原因」に対処することを目的とした6月のメキシコとグアテマラ訪問に続き、副大統領として2度目の外遊となる。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


G7サミット、主要議題はウクライナ侵攻と中国の影響力

(2022年07月02日)

ジェイク・サリバン氏、ウクライナの新支援策に防空システムを含むと発言

(2022年07月01日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年06月16日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)
→その他のニュース