ハリス副大統領、ベトナム、シンガポール訪問へ

(2021年8月8日)

Vice President Kamala Harris talks to the media, Friday, June 25, 2021, after her tour of the U.S. Customs and Border Protection Central Processing Center in El Paso, Texas. AP Photo/Jacquelyn Martin)

By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, July 30, 2021

 カマラ・ハリス副大統領は、米国との関係強化と経済協力の拡大のため、8月にベトナムとシンガポールを訪問すると副大統領事務局が30日、発表した。

 ハリス氏は、ベトナムを訪問する最初の副大統領であり、バイデン政権でアジアを訪問する高官としては最高位となる。

 上級顧問のシモーン・サンダース氏は、副大統領が「地域の安全保障、新型コロナウイルスのパンデミックへの世界的な対応、気候変動、ルールに基づく国際秩序を促進するための共同の取り組みなど、相互に関心のある問題について、両政府の指導者と対話する」と述べた。

 中米からの不法移民の「根本原因」に対処することを目的とした6月のメキシコとグアテマラ訪問に続き、副大統領として2度目の外遊となる。

中国が情報戦を支配している 台湾のAI技術者が警告

(2024年02月20日)

ウクライナに学び、中国に備えよ ミリー前統参議長

(2024年02月15日)

「神の力が働いた」ポーランド元大統領ワレサ氏、ウクライナ・新世界秩序を語る

(2024年02月14日)

中国人技術者、ミサイル技術窃取で逮捕

(2024年02月13日)

北朝鮮情勢「見通し立たず」―元米情報長官

(2024年02月10日)

ブリンケン国務長官の中東構想は夢物語

(2024年01月27日)

中国人AI科学者に助成金 米議会が調査

(2024年01月24日)

各国議会・政府に浸透するAI

(2024年01月21日)

「強風と高波」台湾選挙で中国に逆風

(2024年01月19日)

NSAの元工作員、エプスタイン氏はイスラエルの組織の一員だった

(2024年01月12日)
→その他のニュース