ハリス副大統領、ベトナム、シンガポール訪問へ

(2021年8月8日)

Vice President Kamala Harris talks to the media, Friday, June 25, 2021, after her tour of the U.S. Customs and Border Protection Central Processing Center in El Paso, Texas. AP Photo/Jacquelyn Martin)

By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, July 30, 2021

 カマラ・ハリス副大統領は、米国との関係強化と経済協力の拡大のため、8月にベトナムとシンガポールを訪問すると副大統領事務局が30日、発表した。

 ハリス氏は、ベトナムを訪問する最初の副大統領であり、バイデン政権でアジアを訪問する高官としては最高位となる。

 上級顧問のシモーン・サンダース氏は、副大統領が「地域の安全保障、新型コロナウイルスのパンデミックへの世界的な対応、気候変動、ルールに基づく国際秩序を促進するための共同の取り組みなど、相互に関心のある問題について、両政府の指導者と対話する」と述べた。

 中米からの不法移民の「根本原因」に対処することを目的とした6月のメキシコとグアテマラ訪問に続き、副大統領として2度目の外遊となる。

北核実験巡り割れる観測 中国の影響力に疑念も

(2022年11月26日)

米信教の自由委員会、インドの宗教弾圧に懸念

(2022年11月25日)

バイデン氏、トルコ大統領と会談 クルド問題が依然障害

(2022年11月18日)

米中会談、バイデン氏は関与を求め、習氏は拒否

(2022年11月17日)

米副大統領、比パラワン島訪問へ 中国の反発必至

(2022年11月17日)

バイデン大統領、習主席との会談後、台湾侵攻の「差し迫った動きはない」と語る

(2022年11月17日)

海底ケーブルを守れ

(2022年11月11日)

21世紀の紛争を止める国連の限界を露呈したウクライナ戦争

(2022年11月07日)

北朝鮮、世界の関心が薄れる中、核・ミサイル開発を推進

(2022年11月05日)

「行動派」上将が中国軍事委副主席に就任

(2022年10月30日)
→その他のニュース