タリバンの攻勢、非難されるバイデン政権

(2021年8月12日)

Taliban fighters stand guard in Kunduz city, northern Afghanistan, Monday, Aug. 9, 2021. The militants have ramped up their push across much of Afghanistan in recent weeks, turning their guns on provincial capitals after taking district after district and large swaths of land in the mostly rural countryside. (AP Photo/Abdullah Sahil)


 アフガニスタンの分断が急速に進み、タリバン勢力は勝ちゲームを続ける一方、米国支援の政府は首都カブールからも逃げ腰で、バイデン政権は惨状を食い止めるのに必死だが、米政界と世界が非難の矛先を探している。

 タリバンの反乱勢力は月曜日までに、アフガニスタンの六番目の州都を手中に収め、戦略的地域で政府軍を圧倒している。首都カブールの米国大使館はアメリカ人に即時国外退去を勧告した。北部のサマンガーンの州都アイバクがタリバンの手に落ちた事実は、米軍撤退を待って大規模な都市攻撃を開始する、というタリバン側の目論見が正しかったことを確認する形になった。

 タリバンの一連の勝利は改めて、アフガニスタン治安部隊の信頼性を疑わせるものだった。米国が数百億ドルを投じて20年間訓練してきたが、過去数週間の主な戦闘で決定的敗北を喫した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


キリスト教徒にとって最も危険な国はアフガニスタン

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

日米豪印「クアッド」は対中国で他の国々にも門戸を開けよ

(2022年01月09日)

米国防総省高官、対中情報競争で企業や大学との協力不可欠と主張

(2022年01月08日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

米露電話会談、ウクライナめぐる緊張緩和につながらず

(2022年01月05日)

アフガンの反タリバン抵抗勢力、米国の支援得られず

(2022年01月04日)

アフリカで勢力伸ばすイスラム国

(2022年01月02日)
→その他のニュース