マスク着用義務化をめぐる対立が再び激化

(2021年8月15日)


 新型コロナウイルスの感染者増加を受け、再びマスク着用の義務化を求める声が上がっているが、米国民はまた顔を覆うべきかをめぐり、政治家が激しく対立している。  

 対立が表面化したのは10日のことだ。フロリダ州のロン・デサンティス知事室は、学校当局者が学校でのマスク義務化を禁じた7月の行政命令を無視した場合、給料の支払いを留保すると警告。これに対し、バイデン大統領は、介入する権限があるかどうか、政府として「確認」しているところだ、と語った。  

 バイデン氏はそのような権限があるかどうか懐疑的だったが、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、デサンティス氏による給料カットを補填(ほてん)するため、まだ使われていないコロナ対策資金を流用することを検討していると語った。  

 「地域の人々を守る措置を講じる教員や役人を保護・支援するためにどのような選択肢があるのか、引き続き調査する」と、サキ氏は述べた。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)

コロナ関連給付が中国・ロシアに流出?下院共和党が調査を要求

(2021年12月10日)

中露など 米コロナ失業給付を不正取得 「十分な監視が行われず」

(2021年12月02日)

中国、感染拡大で新監視システム

(2021年11月14日)

中国の危険な研究に加担するファウチ博士

(2021年11月03日)

破綻した「大きい政府は良い政府」神話

(2021年10月28日)
→その他のニュース